あのアニメ・初代ドラゴンボールのED曲を吉井和哉がカバー

SPICER+
吉井和哉

吉井和哉

新作カバーは30代以上の思い出に、どストライク!

8月19日(水)「ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~ Deluxe Edition」のリリース日を迎える吉井和哉。

現在、吉井は7月から放送中でのフジテレビ系アニメ『ドラゴンボール超(スーパー)』(毎週日曜日 午前9時~9時30分 ※地域により放送時間・曜日は異なります)のオープニングテーマを担当しているが、このたび、そのオープニングテーマである「超絶☆ダイナミック」(作詞:森雪之丞/作曲:吉井和哉)を表題曲にしたニューシングルが10月7日に発売されることがアナウンスされた。
 
国民的アニメの主題歌としてだけでなく、作詞家の森雪之丞と意欲的なコラボレーションを行ったことでも注目を集める新曲「超絶☆ダイナミック!」を表題曲に据えた本作。

2曲目にはなんと、現在30代半ば以上の方にとっては懐かしさMAXの、「ロマンティックあげるよ」のカヴァーが収録される。1986年2月から1989年4月までオンエアされていた初代『ドラゴンボール』のエンディングテーマであり、今もなおアニメソングを代表する一曲である「ロマンティックあげるよ」と吉井の歌声がどのようなシンクロをみせるのか、非常に興味深い。

ほかにも「超絶☆ダイナミック!」の英語詞ヴァージョン「Chozetsu☆Dynamic!」「超絶☆ダイナミック!」「ロマンティックあげるよ」それぞれのインストゥルメンタルが収録された、計5曲入りの濃密なシングル作品だ。
 
パッケージは初回限定盤と通常盤の2種類が用意され、初回限定盤には、吉井和哉がTRIAD移籍後発表してきたすべてのミュージックビデオ(「クリア」「(Everybody is)Like a Starlight」「超絶☆ダイナミック!」)が収録され、「(Everybody is)Like a Starlight」に関しては、オリジナルヴァージョンが公開される直前に星が見える時間帯限定で公開された、シルエットヴァージョンも収録。これはファンにとって嬉しいプレゼントである。

さらに8月18日には、「ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~ Deluxe Edition」の発売に合わせ、作品のDISC4に収録されている2014年12月28日の日本武道館公演より、「百合コレクション」の動画がYouTube上で公開された。また、8/21より無料動画GYAO!にて同公演からの「さらばシベリア鉄道」が公開される予定なので、あわせてチェックしてみよう。
 
年末に行われるワンマン公演“Kazuya Yoshii Beginning & The End”に向けた投票企画も本日からスタートしており、吉井和哉の今後の動きから、ますます目が離せない。

撮影=Maciej Kucia

ライブ情報
“Kazuya Yoshii Beginning & The End”​

12月16日(水) Zepp Namba(OSAKA)
12月18日(金) Zepp Fukuoka
12月25日(金) Zepp Nagoya
12月28日(月) 日本武道館
■チケット料金;Zepp公演→全席種7,000円(税込)ドリンク代別、
武道館公演→指定・立見とも7,500円(税込)※指定席は全方位となります。
※6歳以上チケット必要、Zepp公演1Fスタンディングは6歳未満入場不可


 

 

シェア / 保存先を選択