神木隆之介、佐々木蔵之介、加瀬 亮らが闘いの中で見せる表情に注目 “二海堂晴信”も登場する映画『3月のライオン』特報映像

ニュース
動画
2016.11.2
 (C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

2017年3月18日と4月22日に前・後編で公開される映画『3月のライオン』から、同作初の映像となる特報が公開された。

『3月のライオン』は、羽海野チカ原作の同名コミックを、映画『るろうに剣心』シリーズなどで知られる大友啓史監督が実写映画化した作品。中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューし、東京の下町にひとりで暮らす17歳の棋士・桐山零(神木隆之介)が、同じ下町に川本あかり、ひなた、モモの3姉妹と出会った事から棋士として人として成長していく姿を描く。

 

 

今回公開された予告編は、「若き天才と呼ばれる、17歳のプロ棋士・桐山零。しかし彼には、家も、家族も、居場所も、何もなかった」とのナレーションからスタート。神木演じる零が、深い孤独と不安を抱えながら人生の闘いに飛び込もうとする姿が描かれる。また、すでに配役が発表されていた各キャラクターも登場。零へ複雑な思いを抱える義姉・香子(有村架純)、川本3姉妹(倉科カナ清原果耶、新津ちせ)、プロ棋士の島田(佐々木蔵之介)、後藤(伊藤英明)、宗谷(加瀬亮)、零を見守る義父の幸田(豊川悦司)、良き理解者の林田先生(高橋一生)などの姿も確認できる。そして、映像中には零のライバル・二海堂晴信の姿も。二海堂を誰が演じるのかは、現段階では発表されていないので、詳細の発表を待とう。

映画『3月のライオン』前編 は2017年3月18日(土)から、 後編は4月22日(土)から2部作連続全国ロードショー。

作品情報

映画『3月のライオン』

監督:大友啓史
原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史
出演:神木隆之介(桐山零役)、佐々木蔵之介(島田開役)、伊藤英明(後藤正宗役)、加瀬亮(宗谷冬司役)、倉科カナ(川本あかり役)、清原果耶(川本ひなた役)、新津ちせ(川本モモ役)、前田吟(川本相米二役)、有村架純(幸田香子役)、豊川悦司(幸田柾近役) ほか
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT 配給:東宝=アスミック・エース

【ストーリー】
中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューし、東京の下町にひとりで暮らす17歳の棋士、桐山 零(きりやま れい)。彼は、幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、孤独を抱え、来る日も来る日も、すがりつくように将棋を指し続けた。そんなある日、零は同じ下町に住む三姉妹・川本あかり、ひなた、モモと出会う。それは、将棋盤以外の“自分の居場所”との出会いでもあった…。激しい才能と激情がうごめく棋士たちの生きる将棋の世界と、陽だまりのような川本家の食卓。数々の対局とあたたかな人々との交流を通じ、零は棋士として、人として、ある覚悟を決めていく。

映画公式サイト 3lion-movie.com

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
 

シェア / 保存先を選択