『マリメッコ展』が全国で開催に フィンランドを代表するブランドの仕事を総覧する、国内初の大規模展

SPICER
マリメッコ展―デザイン、ファブリック、ライフスタイル

マリメッコ展―デザイン、ファブリック、ライフスタイル

画像を全て表示(8件)

『マリメッコ展―デザイン、ファブリック、ライフスタイル』が、2016年12月17日(土)~2017年2月12日(日)にかけてBunkamuraザ・ミュージアムにて開催される。

マリメッコは、1951年にアルミ・ラティアによってヘルシンキで創業された、フィンランドを代表するデザインハウス。マリメッコが生み出す布地の柄は、多くがフィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得つつ、大胆でカラフル、抽象的なデザインで人気を博している。

ファブリック ≪ウニッコ≫(ケシの花)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、 1964年 Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

ファブリック ≪ウニッコ≫(ケシの花)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、 1964年 Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

ファブリック≪カイヴォ≫(泉)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年  Kaivo pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

ファブリック≪カイヴォ≫(泉)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年  Kaivo pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

ジャクリーン・ケネディーが購入したドレス≪ヘイルヘルマ≫、1959年  ファブリック≪ナスティ≫(小さな無頭釘)、1957年、 服飾・図案デザイン:ヴオッコ・ヌルメスニエミ  Design Museum / Harry Kivilinna

ジャクリーン・ケネディーが購入したドレス≪ヘイルヘルマ≫、1959年  ファブリック≪ナスティ≫(小さな無頭釘)、1957年、 服飾・図案デザイン:ヴオッコ・ヌルメスニエミ  Design Museum / Harry Kivilinna

本展は、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料などを通して、マリメッコの60年にわたる歴史をたどるもの。個性あふれるデザイナーの仕事ぶりと活躍を紹介する、国内初の大規模な展覧会となっている。

ファブリック≪シィールトラプータルハ≫(市民菜園)、図案デザイン:マイヤ・ロウエカリ、 2009年 Siirtolapuutarha pattern designed for Marimekko by Maija Louekari in 2009

ファブリック≪シィールトラプータルハ≫(市民菜園)、図案デザイン:マイヤ・ロウエカリ、 2009年 Siirtolapuutarha pattern designed for Marimekko by Maija Louekari in 2009

ドレス、服飾デザイン:ミカ・ピーライネン、2001年  ファブリック≪マンシッカヴオレト≫(イチゴの山々)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、 1969年 Design Museum / Harry Kivilinna

ドレス、服飾デザイン:ミカ・ピーライネン、2001年  ファブリック≪マンシッカヴオレト≫(イチゴの山々)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、 1969年 Design Museum / Harry Kivilinna

 

さらに会場では、時代を創った著名デザイナーのインタビュー映像や、ジョン・F・ケネディの夫人であるジャクリーン・ケネディが実際に所有していたドレスも紹介されている。また、デザイナーが柄の構想を練る際に描いた自筆のスケッチと、実際に製品化された同じ柄を並べて展示。 マリメッコの有名な柄が生まれた原点を知ることができる。

 

ドレス≪カトリッリ≫ファブリック≪プケッティ≫(ブーケ)、服飾・図案デザイン:アンニカ・リマラ、1964年 Design Museum Archive / Photo: Seppo Saves

ドレス≪カトリッリ≫ファブリック≪プケッティ≫(ブーケ)、服飾・図案デザイン:アンニカ・リマラ、1964年 Design Museum Archive / Photo: Seppo Saves

ドレス≪キヴィヤルカ≫、1957年 ファブリック≪ピッコロ≫(ピッコロ[擬音])、1953年、 服飾・図案デザイン:ヴオッコ・ヌルメスニエミ Design Museum Archive

ドレス≪キヴィヤルカ≫、1957年 ファブリック≪ピッコロ≫(ピッコロ[擬音])、1953年、 服飾・図案デザイン:ヴオッコ・ヌルメスニエミ Design Museum Archive

本展覧会は、2016年11月27日(日)まで西宮市大谷記念美術館にて開催されたのち、東京のBunkamuraザ・ミュージアム、新潟の新潟県立万代島美術館を巡回する予定だ。その他の巡回先は順次発表されていくとのこと。

 

イベント情報
マリメッコ展―デザイン、ファブリック、ライフスタイル

開催期間:2016年12月17日(土)~2017年2月12日(日)
*1/1(日)のみ休館
開館時間:10:00-19:00(入館は18:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)*12/31(土)を除く
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム

入館料(消費税込):    
当日/前売・団体
一 般:1,400円/1,200円
大学・高校生:1,000円800円
中学・小学生:700円500円
 
シェア / 保存先を選択