平成28年度「東アジア文化交流使」決定


平成28年度「東アジア文化交流使」に長田育恵らを選出-文化庁

文化庁は、平成28年度「東アジア文化交流使」の決定を発表、長田育恵氏(劇作家/「演劇ユニットてがみ座」主宰)、蓮沼執太氏(音楽家)ら6名が採択された。日中韓各国が自国の中堅・若手芸術家等を一定期間派遣し、実演やワークショップ等を行うもので、文化庁が国際交流基金の協力を受け、26年度より実施している。

関連リンク⇒ 平成28年度「東アジア文化交流使」の決定

<採択者一覧>
■長田育恵(劇作家/「演劇ユニットてがみ座」主宰)
派遣国:韓国 期間:平成29年3月上旬
ソウル等において、今後の新作や共同制作に向けた現地演劇関係者との意見交換や調査等を行う。

■笹本晃(アーティスト)
派遣国:中国 期間:平成28年11月中旬
上海ビエンナーレへの参加に合わせてレクチャー等を行う。

■蓮沼執太(音楽家)
派遣国:中国 期間:平成28年11月下旬~12月上旬
北京等において、展示やライブ等を行う。

■久門剛史(美術作家)
派遣国:中国 期間:平成28年12月下旬~1月中旬
上海当代美術館で開催される個展に合わせてレクチャー等を行う。

■宝生和英(宝生流能楽師 第20代宗家)
派遣国:中国 期間:平成28年12月上旬~中旬
香港等において、能に関するレクチャーやワークショップ等を行う。

■村川拓也(演出家)
派遣国:中国 期間:平成28年11月上旬~中旬
北京等において、今後の共同制作に向けた現地演劇関係者との意見交換や調査、ワークショップ等を行う。

※敬称略

舞台制作PLUS+
シェア / 保存先を選択