「俺たちは白狐ステージの限界を作りにいく」いきなり入場規制のRhythmic Toy Worldが大暴れ

SPICER
Rhythmic Toy World

Rhythmic Toy World

画像を全て表示(6件)

八王子天狗祭 【白狐ステージ】 Rhythmic Toy World

八王子天狗祭2016、白狐ステージのトップバッターとして登場したのは、Rhythmic Toy World。はやくも入場規制がかかった場内に、BOOM BOOM SATELLITESの「Kick It Out」がけたたましく流れるなか、大歓声に迎えられて4人が姿を現わした。そして、一瞬の沈黙の後、内田直孝(Vo/G)が大きく息を吸い込んで歌い始めたのは「新しい風景」。岸明平(G)が奏でる穏やかなギターの音色と共にフロアへ届けると、「ハチテン2016、Rhythmic Toy Worldへようこそ!」と内田が挨拶。4人は一気に音を弾けさせ、力強く疾走し始めた。

Rhythmic Toy World

Rhythmic Toy World

Rhythmic Toy World

Rhythmic Toy World

すでに上半身裸になって熱いビートを叩き上げる磯村貴宏(Dr)も、時折拳を振り回してベースも鳴らす須藤憲太郎(B)も、フロアを激しく焚きつける。そして、内田「今年が初めてってことで、この会場でどんだけ暴れられるか確認してこいって言われてます。俺たちは白狐ステージの限界を作りにいくけど、お前ら、力を貸してくれるか!」と、ギアをあげて突入したのは「波紋シンドローム」。真っ赤に染まったステージから骨太なサウンドをぶっ放し、オーディエンスを激しく揺らしていた。

Rhythmic Toy World

Rhythmic Toy World

Rhythmic Toy World

Rhythmic Toy World

MCでは、場内放映用のカメラに向かって「白狐ステージは元気でーす! ほら! みんなも一緒に!」と、オーディエンス達が一体となって手を振ったところで、「TeamB」へ。内田、岸、須藤の3人はステージ前まで出てきて、フロア全体を熱く巻き込んでいたのだが、それだけに留まらず「入場規制で並んでいる人達に“ありがとう”って言ってきてもいい!?」と内田。そのままダッシュでステージを離れ、通路で待っているオーディエンス達に感謝を告げにいくという場面もあった。骨太かつ爆発力があり、なおかつキャッチーというライブシーンで凄まじい威力を発揮する楽曲のみでなく、そんな自由奔放かつ、愛に溢れた行動は、彼らが愛される理由のひとつだろう。

Rhythmic Toy World

Rhythmic Toy World

そして、<だ、だ、だいすき グドモ、グドモ>と歌詞をアレンジして大合唱を起こした「いろはにほへと」、さらには「今日のイベントを世界最高のものにしたいんで!」という須藤の熱い叫びからなだれ込んだ「あなたに出会えて」の2連発。フロアの雰囲気も、初の会場でどれぐらい暴れてしまっていいのだろうか?という迷いが最初のうちはあったものの、曲が進むごとにオーディエンスのリミッターが解除されていく(フロアで見ていたグドモ・たなしんも渦の中へ)。最後に内田が「友達作ったり、新しく好きなバンド作ってきて! いってらっしゃい!」とオーディエンスを送り出し、見事なまでにトップバッターという大役を務めあげていた。
 

取材・文=山口哲生 撮影=安藤未優

セットリスト
八王子天狗祭 【白狐ステージ】 Rhythmic Toy World
1.新しい風景
2.波紋シンドローム
3.TeamB
4.いろはにほへと
5.あなたに出会えて

 

シェア / 保存先を選択