木村拓哉主演『無限の住人』初映像、福士蒼汰や海老蔵ら続々登場

 ©沙村広明/講談社 ©2017映画「無限の住人」製作委員会

©沙村広明/講談社 ©2017映画「無限の住人」製作委員会

木村拓哉の主演映画『無限の住人』の特報が公開された。

公開された映像では、ヒロイン・凜役の杉咲花の姿をはじめ、剣客集団・逸刀流の統主・天津影久役の福士蒼汰が血を浴びた姿で立っている様子、逸刀流の刺客・閑馬永空役の市川海老蔵が刀を抜くシーンなどが映し出されている。また尸良役の市原隼人、天津が信頼を寄せる女剣士・乙橘槇絵役の戸田恵梨香の姿も確認できる。オフィシャルサイトで公開されている映像では木村演じる主人公・万次の登場シーンも盛り込まれている。

撮影は昨年11月から今年1月にかけて京都で敢行。万次が凜を守りながら「300人斬り」の立ち回りを繰り広げるクライマックスシーンは約15日間かけて撮影されたという。独眼の万次を演じる木村は、特殊メイクで右目を閉じた状態で全編の撮影に臨んだ。

2017年4月29日から全国で公開される『無限の住人』は、沙村広明による同名漫画の実写映画版。三池崇史が監督を務め、不死身の肉体を持つ剣士・万次が亡き妹に似た少女・凜の用心棒となり、逸刀流の剣士らとの戦いに挑む様が描かれる。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択