アニソン歌手×アニメ×ダンスミュージックDJが区役所で夢の競演! 「Re:animation 8」

SPICER

画像を全て表示(7件)

Re:animation8最終出演者発表、運営ボランティア募集も開始



11月1日開催予定のレイヴイベント「Re:animation 8-Rave InNAKANO-」(以下、リアニ8)の最終出演者が発表された。

「Re:animation」(以下、リアニ)は、2010 年に歌舞伎町の旧コマ劇場前での初の野外レイヴとして誕生。以後、アニメカルチャーとクラブカルチャーの融合をテーマに、繁華街のど真ん中からJR中野駅前広場まで、都心の屋外を舞台に回を重ねてきた。昨年からは他のイベントともコレボレーションし、東京ジョイポリスやさいたまスーパーアリーナ、羽田空港でも開催。今年6月には、海外の音楽フェスティバルにも進出している。8回目となる「リア二8」の開催場所は前代未聞!中野区役所の敷地内を含む2か所だ。

最終発表となった出演者は、スフィアや9nineなど多数アーティストへの歌詞提供や「THE IDOLM@STER」キャラクターソングの作詞でも活躍中の TRUE(唐沢美帆)、「リッジレーサー」「塊魂」などの人気ゲーム曲を制作するバンダイナムコスタジオのサウンドクリエイター二人によるダンスミュージックユニット・Hiroshi Okubo×Taku Inoue、J-POP初のチェロボーカリスト・分島花音の3組。

すでに発表されている、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND や Conures feat.木村弓、DJ AKi、Nhato、おもしろ三国志などのメンバーとともにステージを盛り上げる。

同イベントは、クラウドファンディングによる資金で開催され、過去のプロジェクト全てが目標を達成。国内のクラウドファンディングにおいて他にない成功例となっている。

今回も目標をはすでに達成しているが、募集金額が500万円を超えると会場に大型のLEDビジョンも導入される予定。8月26日深夜23時59分まで受け付けているので、いまからでも参加も可能だ。支援者には、入場規制中でも自由に入退場が可能な優先入場パス等の特典も用意されているので、イベントをさらに満喫したい方にお薦め。

また、出演者と合わせて会場運営にあたる総勢50名のボランティアスタッフの申し込みも受け付け中。こちらは専用の応募フォームから申し込みが可能となっている。

過去最大、屋外2フロアでの開催となる今回のリアニ、ユーザーの支援によりフロア設備や運営環境が改善されていくというイベントの作り方は「客としてだけではなく一緒にイベントを作る」という新しい形の運営形態と注目を浴びている。
また、常々話題に登る「クラブ音楽、文化と街のあり方」という意味でも期待されているリアニ、区役所敷地内での開催が今後のシーンにどういう影響を与えるかも気になるところだ。
 

イベント情報
Re:animation 8-Rave InNAKANO-

日時(予定):2015年11月1日(日) 11:00~19:00
場所(予定):中野区役所玄関前 特設イベントスペース
出演(予定):DJ AKi / Nhato / DJ Shimamura with MC Stone / アニソンディスコ

中野サンプラザ前広場
おもしろ三国志 / Hedonist / はっしー/ PETTER / たんく
G.H.S(後藤王様・HACK・沙亞也) / spacetime / Megsis
Fish&Chips(Strada & MASAKARI) / 銀星 / REV-TUNE / asanoappy
and more

参加費:無料

備考:2015年10月31日・11月1日開催予定のイベント「中野文化祭 2015」に参加予定
(公式サイト:http://welovenakano.com)

シェア / 保存先を選択