WEG率いるVirgin Babylon Recordsのアートワーク展、12作家が参加

ニュース
2016.11.19

展覧会『Virgin Babylon Art Works Exhibition』が、11月26日から東京・池ノ上のQUIET NOISE arts and breakで開催される。

world's end girlfriendによって2010年に発足したレーベル・Virgin Babylon Records。同展では、同レーベルに関わりのあるアーティストの作品やアートワークを展示する。

参加アーティストには、world's end girlfriendの新作『LAST WALTZ』のジャケットを手掛けた中国の現代美術作家ジャン・ジー、matryoshkaの全ての作品でジャケットを担当する吉本彩子をはじめ、青木裕(downy)、Vampillia、Lyら12作家が名を連ねている。来場者には同レーベルのサンプラー音源をダウンロードできるコードが配布されるほか、会場にはポップアップショップも設けられる。

なお会期初日の11月26日にはworld's end girlfriend『LAST WALTZ』がリリースされる。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択