『レ・ミゼラブル』新キャスト発表、相葉裕樹と小南満佑子が新たに出演決定!

SPICER
 2017年の「レ・ミゼラブル」のキャストたち

2017年の「レ・ミゼラブル」のキャストたち


 2017年5月~7月に帝国劇場で上演されるミュージカル『レ・ミゼラブル』で、新たにアンジョルラス役に相葉裕樹、コゼット役に小南満佑子がキャスティングされ、出演することが発表された。11月25日に行われた記者会見の様子を速報する。

 相葉と小南のほか、生田絵梨花(コゼット役)、内藤大希(マリウス役)、橋本じゅん(テナルディエ役)、鈴木ほのか(マダム・テナルディエ役)、唯月ふうか(エポニーヌ役)、松原凛子(エポニーヌ役)、二宮愛(ファンテーヌ役)が登壇した。報道陣に加え、オーディエンス約200人が見守る中、作品への意気込みなどを語った。

アンジョルラス役の相葉裕樹

アンジョルラス役の相葉裕樹

 ミュージカル『テニスの王子様』や、スーパー戦隊シリーズ『侍戦隊シンケンジャー』のシンケンブルー(池波流ノ介役)などで知名度を上げてきた相葉。『スカーレット・ピンパーネル』のベン役に出演するなど、着実にキャリアを重ねている相葉は「ようやくこの場で発表できたことを嬉しく思います。この歴史ある作品にアンジョルラス役として出られることを本当に光栄に思いますし、帝国劇場という劇場に立てることも嬉しく思います。しっかりと役を全うしたいと思います」と語った。

コゼット役の小南満佑子

コゼット役の小南満佑子

 小南は2015年『レ・ミゼラブル』のアンサンブル出演歴があり、『Endless SHOCK』(2016)でヒロインのリカ役を演じたことも記憶に新しい。小南は「2015年に初舞台を踏ませて頂きまして、30周年という記念すべき年に、大好きな作品にコゼットとして戻ってこられたことを本当に嬉しく思います。精一杯頑張って参ります」と語った。

コゼット役の生田絵梨花

コゼット役の生田絵梨花

 乃木坂46として活動しながら女優としてのキャリアを積んでいる生田は「何度も観ている大好きな作品なので、ここに立てていることを嬉しく思います。たくさん背中を見て学びながら、レミゼの世界に溶け込めるように頑張りたいと思います」と話す。

 小学生の頃に観た『レ・ミゼラブル』は「雲の上のような存在だった」だったというが、中学生ぐらいの頃から「コゼットに心が動くようになって、いつかあの役を演じたいと、夢から目標に変えて、ずっとやってきた」と力強く語る。「勉強しなくてはいけないことがたくさんありますし、プレッシャーもたくさんありますが、楽しむことを忘れずに、コゼットのように光のような存在で自分も頑張ることができたらいいなと思います」

マリウス役の内藤大希

マリウス役の内藤大希

 ミュージカル『テニスの王子様』で頭角を現し、念願のマリウス役を射止めた内藤は「両親にとても迷惑をかけながら舞台俳優としてやってきた中で、両親が観せてくれた『レ・ミゼラブル』に出られることをとても嬉しく思います。最高の親孝行だなと思っています。両親の期待も含めて、みなさんに恩返しできるようにしっかりと務めたいと思っています」

テナルディエ役の橋本じゅん

テナルディエ役の橋本じゅん

 安定の歌唱力に定評のある橋本は、小学生の頃に教師が「あゝ無情」の読み聞かせをしていたというエピソードを披露し、「テナルディエが大っ嫌いでした。なんてヒドいんだって。でもそんなテナルディエと、こうして縁があって結ばれることになりまして、大好きで幕を上げられるように頑張りたいです」

マダム・テナルディエ役の鈴木ほのか

マダム・テナルディエ役の鈴木ほのか

 1987年の『レ・ミゼラブル』帝劇日本初演コゼット役、1997年からはファンティーヌ役を務めた鈴木は「本当に『レ・ミゼラブル』に帰ってくることができたことを心から感謝いたします。コゼットに選んでいただいた時に、『レ・ミゼラブル』は、私の人生を本当に大きく変えてくださいました。そして10年後にファンテーヌ役を演じ、とうとうマダム・テナルディエ役に到達いたしました。30年の間『レ・ミゼラブル』を応援してくださっている方々が、あのコゼットとファンテーヌをやった人物と同じ人物なのかと驚いていただけるように変身したいと思います。そして、これから初めてレミゼを観る方々の新時代の新演出の新マダム・テナルディエを観ていただけるように頑張ります」

エポニーヌ役の唯月ふうか

エポニーヌ役の唯月ふうか

 ミュージカル『ピーターパン』でタイトルロールを演じたことで知られる唯月は「本当に嬉しい気持ちと緊張と色んな気持ちが混ざってこの舞台に立っています。自分らしいエポニーヌを演じられるよう精一杯頑張るので、皆さん、応援よろしくお願いします」

エポニーヌ役の松原凛子

エポニーヌ役の松原凛子

 東京芸術大学声楽科出身の松原は「今回、スタッフの皆様にエポニーヌ役ということで選んで頂いて、私も自分の中にエポニーヌの要素があったのかという気持ちで驚いております。私にとって、帝劇の舞台は初めての大舞台ですので、まだまだ未熟ではございますが、自分の中の自分でもまだ知らない部分を見つけながら、皆様に満足して頂けるようなエポニーヌ役を作ってまいりたいと思います」

ファンテーヌ役の二宮愛

ファンテーヌ役の二宮愛

 シンガーソングライターの二宮は「人生初めてのミュージカルが、この30年も続いている名作の『レ・ミゼラブル』ということが光栄で仕方なくて。緊張もしているんですけれども、未熟ではありますがたくさん勉強させていただきながら、そして先輩の皆様に色々学ばせていただきながら、一生懸命、ファンテーヌという大切な役を育てて、演じていきたいと思います」


新キャストが発表され、日本上演30周年の記念公演の配役は以下のようになった。

ジャン・バルジャン:福井晶一/ヤン・ジュンモ/吉原光夫
ジャベール:川口竜也/吉原光夫/岸祐二
エポニーヌ:昆夏美/唯月ふうか/松原凜子
ファンテーヌ:知念里奈/和音美桜/二宮愛
マリウス:海宝直人/内藤大希/田村良太
コゼット:生田絵梨花/清水彩花/小南満佑子
テナルディエ:駒田一/橋本じゅん/KENTARO
マダム・テナルディエ:森公美子/鈴木ほのか/谷口ゆうな
アンジョルラス:上原理生/上山竜治/相葉裕樹

※キャスト発表第1弾の記事はこちら

公演情報
ミュージカル『レ・ミゼラブル』
 
■作:アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク
■原作:ヴィクトル・ユゴー
■作詞:ハーバート・クレッツマー
■オリジナル・プロダクション製作:キャメロン・マッキントッシュ
■演出:ローレンス・コナー/ジェームズ・パウエル
■翻訳:酒井洋子
■訳詞:岩谷時子
■プロデューサー:田口豪孝/坂本義和
■製作:東宝
■公式サイト:http://www.tohostage.com/lesmiserables/index.html

 
<東京公演>
■会場:帝国劇場
■日程:2017年5月25日(木)初日~7月17日(月・祝)千穐楽

 
<福岡公演>
■会場:博多座
■日程:2017年8月

 
<大阪公演>
■会場:フェスティバルホール
■日程:2017年9月

 
<名古屋公演>
■会場:中日劇場
■日程:2017年9月~10月
 
 
シェア / 保存先を選択