メインステージの制作費は3億円!?「EDC 2016」の規模がすごい…

ニュース
2016.12.9

ラスベガスのサーキットで開催されるEDMフェスティバル「EDC」。今年は6月に3日間開催され、1日あたり13万5000人が訪れたそうですが、そのメインステージの制作費が300万ドル(約3億円)にものぼることがわかりました。

アメリカの経済誌『Forbes』が「EDC」を手掛けるイベント会社Insomniacにインタビュー。

 
 

そのなかで、今年の「EDC」のメインステージKinetic Fieldに300万ドルものお金がかかったことが語られています。

Kinetic Fieldは幅約134メートル、高さは30メートルという超巨大なステージで、もちろん本祭の8つのステージの中でも最大規模。

巨大なLEDディスプレイに火炎放射器、レーザー、噴水などが設置されたド派手なステージに仕上がっています。

デザインも凝っていて、設営は1ヶ月かけて7万人がかりで作り上げたそうで、ものすごい規模感。
来年の日本開催が楽しみですね。

 
この記事に興味を持ったらEDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」をチェックしてみよう! http://edmmaxx.com
 
イベント情報
EDC Japan 2017

 日時:2017年4月29日(土・祝)、30日(日)
 会場:ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC会場 (千葉県)
 出演者:未定

 

 

シェア / 保存先を選択