【訃報】EL&Pのグレッグ・レイクさん 享年69

ニュース
2016.12.9
グレッグ・レイクさん(公式FACEBOOKより引用)

グレッグ・レイクさん(公式FACEBOOKより引用)


プログレッシヴ・ロック界の巨星、またひとつ堕つ----

エマーソン・レイク・アンド・パーマー(EL&P)、また初期キング・クリムゾンにおけるのベーシスト兼ボーカリストとして知られるグレッグ・レイクさんが2016年12月7日、癌闘病の末に死去したことが、EL&P公式サイト  や、レイクさんの公式facebookページ  において明らかにされた。享年69。今年2016年3月10日には、同じEL&Pのキーボード奏者だったキース・エマーソンさんが他界したばかり。

レイクさんのマネージャー、スチュワート・ヤング氏は「12月7日、長きに渡るしぶとい癌との闘病の末に、我が親友を失いました。しかし、グレッグ・レイクは、これまでもいつもそうだったように私の心の中に永遠に居続けることでしょう」とfacebookにコメントを寄せた。

また、バンドの盟友だったカール・パーマー氏は「大きな悲しみとともに、友でありバンド仲間だったグレッグ・レイクにさよならを言わねばなりません」「今年はキース・エマーソンも失って、私たちにとってはひどく辛くてなりません」と悲痛なコメントを寄せている。

レイクさんは1947年11月10日、英国イングランドはドーセット州の生まれ。1969年、ロバート・フリップに誘われキング・クリムゾン結成に参加、デビューアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』でベースとボーカルを担当、続く2ndアルバム『ポセイドンのめざめ』ではギターとボーカルを担当した。あまりに有名な「クリムゾン・キングの宮殿」「21世紀のスキッツォイド・マン」「エピタフ」「ムーンチャイルド」等は、ロック史に永遠に刻まれる名唱といっても過言ではない。

1970年にはEL&Pを結成、キング・クリムゾン、イエス、ピンク・フロイドと並びプログレ四天王の一角を占める世界的人気を誇るようになる。EL&Pではベース演奏以外に、「スティル...ユー・ターン・ミー・オン」に代表されるギターの弾き語りも絶品だった。

1980年にEL&P解散、1983年にはエイジアの一時的なメンバーとなってカール・パーマーと合流、日本武道館公演にも参加した。また、EL&Pを再結成し、日本公演もおこなった。

今後、彼が眠るであろうお墓の墓碑銘(Epitaph)には、やはり「混乱(confusion)」と刻まれるのだろうか……。

謹んでお悔やみ申し上げます。

シェア / 保存先を選択