ベビースターの名物キャラが2016年で電撃引退!「新しい時代へとバトンタッチ」


ベビースターラーメンのマスコットキャラクターが、突然の引退宣言。

株式会社おやつカンパニーは12月13日(火)、ベビースターラーメンでおなじみのマスコットキャラクター「ベイちゃん」と「ビーちゃん」が、2016年で引退することを発表した。

ベビースターラーメンは、1959年の発売開始から約30年間、オレンジ色が特徴的なパッケージに初代キャラクターとして、女の子のイラストがデザインされていた。

「ベイちゃん」の登場は、1988年(その後に「ビーちゃん」も登場)。発売当初からのベビースターの意志を受け継ぎつつ、オレンジ色のパッケージから白色のパッケージへと大きく変更した際に、新しいベビースターラーメンのマスコットキャラクターとしてお披露目された。

文字が読めない子供でも「ベイちゃん」の衣装を見ることで味の想像がしやすいように、フレーバーに合わせて、様々な衣装を着用してきた。

「ベイちゃん」は同日に、「僕たち、ベイちゃんとビーちゃんは、2016年をもってベビースターのキャラクターを引退します」とコメントを発表。「僕たちがはじめてパッケージに登場したのは、1988年。初代キャラクターが約30年守ってきたベビースターの歴史や意志を受け継ぎながら、オレンジ色から白色のパッケージに大胆にリニューアルして華々しくデビューした時のことは今でも忘れられません」と振り返った。

時代や季節、国境を超え、様々な衣装で多くのパッケージに登場。「僕たちと出会ってくれた皆さんに、すこしでも楽しい思い出を残すことができていたら、うれしいです」という。

「初代キャラクターからベビースターを受け継いで、約30年。僕たちも、新しい時代へとバトンタッチしていくことに決めました」と引退理由に触れるとともに、感謝の言葉を続けた。

「これから生まれ来る多くの子どもたちに、新しいベビースターを知ってもらえるように。ベビースターがこの先の未来まで、もっともっと愛してもらえるように。ベビースターのことを僕たちはこれからも応援しています。あっという間の約30年。本当に、ありがとうございました」

なお、「ベイちゃん」が掲載された製品については、「今後も従来通りベビースター製品のご提供は続けていきます。詳しくは改めてHPを通じて発表させて頂きます」と、株式会社おやつカンパニーは発表している。

年末での引退発表となったが、残り僅かの2016年の間に、「ベイちゃん」と「ビーちゃん」への労いの思いを抱きながら、ベビースターラーメンの味を噛みしめてはいかが。【ウォーカープラス編集部/コタニ】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択