good morning N°5の本公演は男メイン+女メインの2本立て!

SPICER

下北沢OFFOFFシアターでめくるめくひとときを

拙者ムニエルの澤田育子とカムカムミニキーナの看板女優藤田記子が、2008年に『面白いことがやりたい、というか、面白いことしかやりたくないッ!!』という正直な思いから作った二人きりのミニマム演劇ユニットgood morningN°5。実に8回目となる本公演が、9月2日(水)から下北沢OFFOFFシアターにて上演される。これまでは女子メインの作品を上演してきた二人だが、今回はついに男子メインの作品に挑む。とはいえ、従来通り女子メインの作品もやりたい!という思いも捨てきれず、結果、男子メインの『世界征服ナイト』と 女子メインの『breakfast,kani』の2本立てで上演することとなった。

まずは『世界征服ナイト』について。good morning N°5史上初、澤田育子の描く男の世界に出演するのは、2011年4月ミュージカル「テニスの王子様」青学VS聖ルドルフ・山吹 にて、亜久津仁役で本格的に役者デビューした岸本卓也、同じくミュージカル「テニスの王子様・DREAM LIVE」で立海高校のジャッカル桑原役を演じた塩田康平、2015年5月公演の舞台「戦国無双」で官兵衛役で本格デビューした白柏寿大、澤田の教え子でもある熟練ホープ・境秀人、オペラ作品への出演も豊富な石田周作、2016年に森田剛主演で公開される映画「ヒメアノール」に出演する稲垣潤一、そして第六回公演『ジャンキー・ジャンク・ヌードット』でも大活躍してくれた小劇場出身のスター・佐藤貴史が出演する。若手イケメン俳優たちが、good morning N°5の世界をどれだけ体現するのか、いやむしろどれだけ俺(たち)色に染めていくのか。

一方、『breakfast,kani』は、コタツを囲みながら、あるいは温泉宿の一室で、そしてデパートの地下で赴くままにお喋りを紡ぐ女たちの脳内ロードムービーを描く。第一回公演から連続出演中の、米米CLUBのMINAKOが今回も出演。さらに久保田南美、澤田の教え子でもあり、昨年の作品では主役を務めた佐々木彩が出演する。20代~50代の女たちが織りなす、美しくも刹那的、それでいてぶっ飛び系というエンターテイメントを楽しみたい。

2作品共に、第一回公演から音楽を手がけるのは、米米CLUBのフラッシュ金子こと、金子隆博。振付を担当するのは、こちらも第一回公演から変わらず手掛けるMINAKOに加え、先日まで「【第二章】學蘭歌劇『帝一の國』-決戦のマイムマイム-」の演出を担当したコンドルズ、宇宙レコードの小林顕作も参加決定。小林は、第一回公演から引き続き、声の出演もする。

贅沢なキャストと、とんでもないストーリー。加えて演者と観客の距離がこれでもか!というくらい近い下北沢OFFOFFシアターでめくるめくひとときを。

公演情報
good morning N°5「世界征服ナイト」「breakfast,kani」

日時:2015年9月2日(水)~9月16日(水)*全20ステージ
会場:下北沢OFF OFFシアター
出演:「世界征服ナイト」岸本卓也、塩田康平、白柏寿大/境秀人、石田周作、稲垣潤一/藤田記子、澤田育子/佐藤貴史*声の特別友情出演:小林顕作(宇宙レコード/コンドルズ)
「breakfast,kani」藤田記子、澤田育子/久保田南美、佐々木彩/MINAKO(米米CLUB)*声の特別友情出演:小林顕作(宇宙レコード/コンドルズ)
good morning N°5公式サイト ▶http://gmn5.com/
シェア / 保存先を選択