スパイラル30周年を祝うグループ展『スペクトラム』に4作家

ニュース
2015.8.25
 榊原澄人 参考作品『Solitarium』(2015)イメージドローイング

榊原澄人 参考作品『Solitarium』(2015)イメージドローイング


グループ展『スペクトラム‐いまを見つめ未来を探す』が、9月26日から東京・表参道のスパイラルガーデンで開催される。

「生活とアートの融合」という活動テーマのもと、独自の文化活動を発信し続けてきたスパイラルの開館30周年を記念して開催される同展。タイトルの「スペクトラム」とは英語で「連続体」「領域」、プリズムを介して生じる「色彩の配列」を意味している。出展作家は栗林隆、榊原澄人、高橋匡太、毛利悠子。

展示作品は、栗林が放射能の除染作業に使われる「フレコンバッグ」とシャンデリアを用いて制作したインスタレーションをはじめ、榊原によるドーム状のスクリーンに投影されたアニメーション作品、高橋が30年間の流行色を光の帯で表現した作品、使われなくなった数本の街路灯を使用した毛利による大規模なインスタレーションとなる。

会期中には出展作家によるトークをはじめ、SLOW LABELの栗栖良依が演出を手掛けるイベント『SLOW MOVEMENT -The Eternal Symphony-』、ハイネ・アヴダルと篠崎由紀子によるダンス公演『Dance New Air 2016 プレ公演 サイトスペシフィックシリーズvol.1「distant voices」~青山借景』が開催。イベントの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

スパイラル30周年記念事業展覧会
『スペクトラム‐いまを見つめ未来を探す』

2015年9月26日(土)~10月18日(日)
会場:東京都 表参道 スパイラルガーデン
時間:11:00~20:00
出展作家:
栗林隆
榊原澄人
高橋匡太
毛利悠子
料金:無料

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択