"世界で最も美しい本"に、触れてめくって楽しめる 『世界のブックデザイン2015-16』展レポート

レポート
2016.12.27
世界のブックデザイン2015-16 feat.造本装幀コンクール50回記念展

世界のブックデザイン2015-16 feat.造本装幀コンクール50回記念展

画像を全て表示(6件)

2016年12月3日(土)~2017年3月5日(日)にかけて、東京文京区の印刷博物館 P&Pギャラリーにて『世界のブックデザイン2015-16 feat.造本装幀コンクール50回記念展』が開催中だ。

製作者たちの思い入れの詰まった一冊

展示されている書籍のジャンルは文学、芸術書、児童書、専門書など様々。装丁や造本、エディトリアルデザインの細部にまでこだわり抜いた書籍が世界中で出版されており、製作者たちの思い入れの詰まった一冊を見られる、一年に一度の展示となっている。

今年は『造本装幀コンクール』受賞作も50点

本展では、2016年3月に開催された『世界で最も美しい本コンクール』の入選図書のほか、6カ国(日本、ドイツ、オランダ、オーストリア、カナダ、中国)のコンクール入選図書が展示されている。会場では展示されているほとんどの本を手に取って見ることができ、世界最高峰のブックデザインと造本技術を楽しめる。また、日本の『造本装幀コンクール』が開催から50回をむかえたことを記念し、同コンクールにおける過去の受賞作より秀作を展示している。

無料で見られる! 来年にはトークショーも

筆者が展示を見に行ったのは平日のお昼頃だったが、この時間にもかかわらず、スーツ姿の男性が熱心に本をめくっている姿が多数見られた。会場はお昼休みに見て回るには丁度いい広さでもある。自身も、普段あまり手に取る機会がない専門書を、表紙の美しさに惹かれて思わず手に取って見入ってしまった。特に、ここでしか出会えない海外の本は、写真の撮り方やデザイン、文字も独特なものがあり大変貴重だ。しかもこちらの展示、無料で見ることができる。来年1月には受賞者によるトークショーも開かれるとのことなので、こちらもチェックしてほしい。

一年に一度のブックデザイン展、ぜひ足を運んでみませんか。

 

イベント情報
世界のブックデザイン2015-16 feat.造本装幀コンクール50回記念展

日時:2016年12月3日(土)~2017年3月5日(日)
会場:印刷博物館 P&Pギャラリー
休館日:毎週月曜日(ただし2017年1月9日(月)は開館)、12月29日(木)~2017年1月3日(火)、1月10日(火)
開館時間:10:00~18:00
入場料:無料
展覧会ホームページ:http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/161203/index.html

★トークショー
会場 : 印刷博物館グーテンベルクルーム(地階)
料金 : 無料(印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です)
定員 : 80名
【造本装幀コンクールの50回を振り返る】
日時:2017年1月22日(日) 15:00~16:30
臼田捷治(現代装幀史研究者)/田中光則(元平凡社取締役、元日本書籍出版協会事務局長)
【第50回造本装幀コンクール受賞者「受賞作」を語る】
2017年2月11日(土) 15:00~17:00
高岡一弥(アートディレクター)/辻中浩一(アートディレター)/加藤勝也(グラフィックデザイナー)
シェア / 保存先を選択