異例尽くし!? 2017年最注目の実写版『ジョジョの奇妙な冒険』の最新トピックス

コラム
2016.12.30


シリーズ累計発行部数1億冊を突破し、2017年にシリーズ誕生30周年を迎える「ジョジョの奇妙な冒険」。数多ある大人気漫画の映画化プロジェクトの中でも、群を抜いて期待度&注目度が高い本作の実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が、2017年夏公開に向け進行中!まさに2017年の“最注目作”と言っていい本作の最新情報をピックアップしてみた。

■ 主人公・東方仗助役は山崎賢人!原作ファンも注目する超豪華キャストが集結

今回、映画化されるのはシリーズ第4部「ダイヤモンドは砕けない」。主人公の東方仗助役は、2017年公開の主演作が今作含め3本も待機している山崎賢人が演じるほか、仗助の同級生の広瀬康一役には神木隆之介、同じく同級生の山岸由花子役を小松菜奈、仗助と対立するスタンド使い虹村形兆役を岡田将生、形兆の弟・虹村億泰役を真剣佑、町の平和をおびやかす殺人犯・片桐安十郎役に山田孝之、仗助を導く空条承太郎役を伊勢谷友介が演じることが決定している。映画やテレビで大活躍中の若手俳優から超個性派まで超豪華なキャストが集結した。

■ 公開日が2017年8月4日(金)に決定!夏休み映画の超目玉作品に!

先日、公式ホームページとTwitter上で、公開日が2017年8月4日(金)に決定したことが発表された。夏休みの真っ最中のこの時期、毎年、邦画・洋画ともに大作映画が目白押しになるが、その中でも“夏の大本命”といっていいビッグプロジェクトである本作。来夏の映画館を盛り上げること間違いなし!

■ スペインの街が“杜王町”に!? 異例の海外ロケを敢行!

本作は原作者の故郷・仙台の町をモチーフにした日本の架空の町・杜王町が舞台。原作の世界観を忠実に映像化するため、三池崇史監督やスタッフが世界中からロケ地を探し、選んだのはスペイン・シッチェス。日本が舞台でありながら、あえて海外ロケを敢行することからも、気合の入れようが窺える。実写版で杜王町がどのように再現されているのか今から映画の完成が楽しみだ。

■ ビッグプロジェクト誕生の興奮を伝える“超特報”映像が解禁!

現在公式ホームページでは、先日都内で行われた企画製作・キャスト発表会見の模様が使用された“超特報”が公開中だ。東宝とワーナー・ブラザースが初めてタッグを組んで製作・配給を手掛ける本作のスペシャル感と会見の興奮が伝わってくる映像となっている。

国内外を席巻するモンスターコンテンツでありながら、コアなファンが多いだけに注目度も桁外れの本作。日本映画としては異例づくしのビッグプロジェクトに、今から目が離せない!【トライワークス】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択