第39回 日本フルートフェスティヴァル in 東京 世界初演曲も楽しみなフルートの祭典

アンドラーシュ・アドリアン

アンドラーシュ・アドリアン


 39回目を迎える「日本フルートフェスティヴァル in 東京」が1月に新宿文化センターを舞台に開催される。日本フルート協会が各地で行うこのフェスティヴァルは、「フルートを愛する者が一堂に会し、フルートと音楽を楽しむ場」として、聴きかつ自らも演奏する参加型のコンサート。そこにはプロ・アマの垣根もなく、老若男女を問わず多くのフルーティストが集まるのだ。独奏から室内楽、大編成のフルート・オーケストラまでと幅広い作品が演奏される。

 そして今回は、ゲストにアンドラーシュ・アドリアンを迎える。そのミニ・リサイタルでは彼が発掘したドップラー兄弟の未発表作品2曲を演奏、うち1曲は世界初演なのだから、このリサイタルだけでも注目なのだ。

 そしてこのイベントを締めくくるのは来場者も交えた大合奏、ヴェルディの「乾杯の歌」だ。楽器をお持ちの皆さんはぜひ、楽器を持参してこの“お祭り”を最後まで存分に楽しんでいただきたい。

文:千葉さとし
(ぶらあぼ 2017年1月号から)


第39回 日本フルートフェスティヴァル in 東京
2017.1/21(土)18:00 新宿文化センター
問合せ:プロアルテムジケ03-3943-6677
http://www.proarte.co.jp/
WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択