烏丸ストロークロック×庭ヶ月の連作総収編「風の砦」、京都・愛知・愛媛にて

ニュース
2017.1.15
2016年3月に京都府・東山青少年活動センターにて上演された「凪の砦(1)(2)」より。

2016年3月に京都府・東山青少年活動センターにて上演された「凪の砦(1)(2)」より。

烏丸ストロークロック×庭ヶ月 共同連作「『凪の砦』総収編」が2月から3月にかけて、京都、愛知、愛媛にて上演される。

本作は、烏丸ストロークロックと庭ヶ月の2劇団が、現代の死生観をテーマに、共通の舞台設定と登場人物により、2016年3月から連作した「風の砦」シリーズの総集編。舞台は2020年の東京五輪の後、退廃した地方都市にある低所得者向けのホスピス施設を舞台にした物語。現代の“死に方”と同時に“生き方”にも迫る作品だ。

烏丸ストロークロック×庭ヶ月 共同連作「『凪の砦』総収編」

2017年2月9日(木)~12日(日)
京都府 アトリエ劇研

2017年2月25日(土)・26日(日)
愛知県 ナビロフト

2017年3月4日(土)・5日(日)
愛媛県 シアターねこ

作・演出:柳沼昭徳
出演:阪本麻紀、西村貴治、たなべ勝也、生坂美由紀、岡村里香、角谷明子、澤雅展、図師久美子、長谷川直紀、柳泰葉

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択