【動画あり】松田理奈(ヴァイオリン)「思い出の詰まっている場所での演奏、感慨深い」『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』<What’s “スタクラフェス”?>

動画
インタビュー
クラシック
2018.9.13
松田理奈 (撮影:福岡諒祠)

松田理奈 (撮影:福岡諒祠)

 

<What's “スタクラ フェス”?> Artist Close-Up 松田理奈

来たる2018年9月23日(日・祝)秋分の日、『イープラス Presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』(略称 “スタクラフェス” )が、横浜赤レンガ倉庫の特設会場にて開催される。会場には3つの野外ステージ(HARBOR STAGE/GRASS STAGE/Sunday Brunch Classic Stage)が設けられ、午前10:30~午後8:30まで10時間にわたり、気鋭の演奏家たちにより、クラシックのよく知られた名曲からオペラ、ミュージカルの名曲、さらにはスタジオジブリの音楽まで、多種多様なプログラムが繰り広げられる。クラシックのコンサートといっても決して堅苦しいものではなく、屋外で潮風を感じながら、食べたり飲んだり、時には寝そべりながら、多様な音楽を気軽に楽しめるのが、このフェスの特徴だ。もちろんここでは児童の入場も可だ。

この新しいタイプの野外クラシック音楽フェスにおいて「プレミアムサンセット ~キャンドルを灯して」(GRASS stage 17:20 - 17:50)に出演するのがヴァイオリニストの松田理奈(まつだりな)である。SPICEは、彼女からスタクラフェスについて話を聞く機会を得た。

 

――スタクラフェスの話を最初に聞いた時、このイベントに対してどのようなイメージを抱きましたか。

ドイツに住んでいた頃、晴れたらよくピクニックをして、野外で気楽に寝っころがりながらクラシック音楽を楽しむということがよくありました。そこにはミニステージがあり、クラシックの名曲などが演奏されていましたが、そういう場が少ないないなと、日本に環境については思っていました。私は“晴れ女“らしいので、今回のイベントでは是非晴れるといいな、と思っています

――屋外での演奏経験はありますか。

半野外でしたが、ドイツで学校のオーケストラとの共演でソリストをしたことがあります。まず、お客さんのリラックス度が屋内の場合とは全然違っていましたね。演奏前から既に、皆さん盛り上がっているというかワイワイしているので、聴いていて楽しいんだろうなとか、座っているだけで気分がいいんだろうなと感じました。弾いている側も、ホールでは聴こえない音が聴こえてきたり、何より小鳥のさえずりと一緒に弾けるのが楽しかったです

今回、聴こえてくる音は、カモメの鳴き声? それとも汽笛の音かな? 自然の中で音を出すことは、奏者としてはこのうえない貴重な体験だと思います。普段では絶対に味わえないインスピレーションの場になるのではないかと思っています。しかも、今回はこれまでに体験したことのない、キャンドルのセットでのステージなので、とてもワクワクしています。サンセット、キャンドル、自然、そのシチュエーションに泣いてしまうかもしれません。いつもとは違う演奏になることは間違いないと思います

――「プレミアムサンセット ~キャンドルを灯して」では、日の沈む夕刻に、松田理奈さんがヴァイオリンの名曲を奏でます。演奏曲目は、マスネの「タイスの瞑想曲」やヴィターリの「シャコンヌ」などが予定されています。

サンセットを背景に聴いてくださる方々が音楽と空間にすっと入り込める曲はなんだろうと考えてみました。タイスの瞑想曲は曲の背景やストーリーなどをしっかり噛み締めながら自分の奏でている音の残響の方向などもじっくり気にしながら演奏出来、聴く側にも想像力を抱いていただける曲です

ヴィターリのシャコンヌを演奏するときには、希望の光のような、届きそうで届かない光、でも圧倒的に輝いて見える一点の光、希望をイメージしてストーリーを組み立てています。今回は日が沈む中での演奏なので儚い気持ちも湧き出てきそうですが、自身が音楽に何度も救われてきたので暗くなっていく中でも音で圧倒的な希望の光を表現していけたらいいな、と思っています

――同ステージで共演される藤田真央さんは、昨年の第27回クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝し注目を集める若手ピアニストです。藤田さんの印象、また彼に対する期待をお聞かせください。

演奏を聴かせていただいたことはあるのですが、共演は初めてです。バランス感覚といい音色といい、しっかりと芯が通っている上で、音と戯れている藤田さんの演奏に感銘を受けました。ピアノの楽曲は一人で演奏するものが多いですがヴァイオリンの楽曲の多くは何かしらアンサンブルになります。特にピアニストとの曲が多く、ピアノとヴァイオリンの為に書かれたソナタなど多くの芸術作品があり、ほとんどのリサイタルコンサートではピアニストとの共演になります。なのでピアニストの演奏を聴くときにはどうしても弦楽器との音の兼ね合いだったり、アンサンブル的要素を気にして聞いてしまいます。藤田さんの音は濃厚なのに空気感もたくさん含まれているのでヴァイオリンとのデュオでもぶつからないと予想しています

松田理奈(左)、藤田真央(右)

松田理奈(左)、藤田真央(右)

――演奏者/オーディエンスの立場を超えて、この野外フェスで楽しんでみたいことは何かありますか?

正直、この野外フェスがどういうものになるのかは想像できませんが、まずは全体を楽しみたい、どういう雰囲気になるのか、私自身が楽しみたいと思っています。それと、ドイツでは、フェスティバルに出店が沢山出ているということはあまりなく、皆、マイバスケットを持参で行くのですけれど、日本のフェスでは食べ物の出店も多くありそうなので、その辺も楽しみですね

――何か、食べてみたいものはありますか?

餃子が大好きなんです。中華街も近いですし、“ギョーザニスト“としても、餃子が食べたいですね。最近、シャンパンに合う餃子というのが東京で流行っているそうなのですが、そういうのも野外フェスには合いそうですね

――ご自身が出演されるステージ以外で、気になるプログラムはありますか。

知り合いが多いので、色々演奏を聴いてまわりたいです。例えばNAOTOさんは高校の先輩なのですが、高校の水泳実習でコーチでした。当時からとても面倒見がいい先輩でよくご飯に連れて行ってもらったりしていただいていたのですが、コンサートの会場でNAOTOさんの演奏をちゃんと聴いたことが実はなくて、今回は是非見に行きたいです

――会場となる赤レンガ倉庫や横浜界隈で、ご自身が行ってみたいとか、あるいは、お客さんに対しておススメのスポットやお店などはありますか?

私は横浜出身なのでこのみなとみらい地区はかなり行き尽くしています。海風が本当に気持ちがいいので海を見ながら風に当たると気分もスッキリしたりします落ち込むことがあったりしたら昔からひとりででも赤レンガ倉庫の海が見える場所に来たりしていましたいろんな思い出が詰まっている場所でもあるのでここで演奏することは自分にとって感慨深いです

私の一番のおススメはみなとみらい地区ですが、最近だったら、コスモワールドの観覧車がおススメです。私も子供と乗っています。みなとみらいは全体的にお散歩していて気持ちの良いところだなと思います

後は、 “ギョーザニスト”としましては、やはり中華街で、餃子の食べ歩きをおススメします。餃子の皿が大きいので、食べ歩きをするのならば、数名で行くことをお勧めしますよ

――ちなみに、色々な食べ方があると思うのですが、松田さんは餃子に何をつけて食べますか?

この季節だと、酢胡椒ですね。夏にはさっぱりとしていておススメです。でも、餃子の中身によって、つけたいものも変わってくるので、家で食べる時は、三つタレが入るお皿を使って、各種の味を楽しんでいます

【動画】松田理奈さんよりメッセージ


取材・文=清川永里子  撮影=福岡諒祠

公演情報

『イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』
 
■公演日時:2018年9月23日(日・祝日)開場9:30/開演10:30/終演20:30 ※予定
■会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場 (神奈川県)
 
■出演者(50音順):
【ソリスト】
伊藤悠貴(Vc)、伊礼彼方(Vo)、上野耕平(Sax)、大山桃暖(Pf)、金子三勇士(Pf)、北川辰彦(Bar)、小林沙羅(Sop)、小林美樹(Vn)、サラ・オレイン(Vo,Vn)、反田恭平(Pf)、髙木竜馬(Pf)、丹呉由利子(Mez)、DEPAPEPE、NAOTO(Vn)、中井亮一(Ten)、牛牛/ニュウニュウ(Pf)、藤田真央(Pf)、麻衣(Vo)、松下奈緒(Pf)、松田理奈(Vn)、三浦一馬(バンドネオン)、宮本笑里(Vn)、山本耕平(Ten)、LE VELVETS、他
【指揮】
青島広志、岩村力、横山奏
【アンサンブル】
シアター オーケストラ トーキョー、STAND UP! ORCHESTRA、ぱんだウインドオーケストラ、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、岩城直也(Pf,編曲)

【Sunday Brunch Classic Stage】※無料ステージ
1966カルテット、こぱんだドラムス、實川風(Pf)、園田涼(Pf)、新倉瞳(Vc)、藤原功次郎(Tb)、細川千尋ジャズトリオ、正戸里佳(Vn)、mille baisers、山田姉妹、横浜市立戸塚高等学校 吹奏楽部、米津真浩(Pf)

【総合司会】松下奈緒

■チケット料金:
1日券シーティング:13,800円
1日券スタンディング:9,800円
1日券スタンディング(学生) :4,800円
半日券(14時まで):5,500円
※1日券スタンディング(学生)はイープラス限定の販売となります。
※シーティングエリア内は座席あり・自由席になります。シーティングエリアへのご入場は「1日券シーティング」「半日券(14時まで)」をご購入のお客様に限ります。
※半日券(14時まで)は夜まで楽しみたいけど、小さなお子様がいてお昼過ぎまでしかいられない方の為にご用意した枚数限定の特別なチケットです。開場から14時まで、シーティングエリア・スタンディングエリアの両方をご利用いただけます。それ以降はご退場をお願い致します。
※スタンディングエリアはすべてのお客様にご入場いただけます。
※雨天決行 ※4歳以上チケット必要(3歳以下は保護者1名につき1名のみ入場無料)
※ステージ内容は変更になる場合もございます。予めご了承ください。

■チケット:好評販売中
 
■関連サイト:
公式サイト:http://standupclassicfes.jp
e+(イープラス):http://eplus.jp/
株式会社イープラス:http://corp.eplus.jp/
Twitter:https://twitter.com/stacla_fes2018
Facebook:https://www.facebook.com/Stand-Up-Classic-Festival-2018-216194119151436/​

■主催:イープラス/朝日新聞社/BSフジ
■協賛:クレディセゾン/ファミリーマート/テラダ・ミュージック・スコア
■後援:神奈川県/横浜市文化観光局/横浜港運協会/(一社)横浜港振興協会/tvk/FMヨコハマ
■企画制作:イープラス/Zeppライブ
■制作協力:クリエイティブマンプロダクション
■協力:日本クラシック音楽事業協会/ソニー・ミュージックエンタテインメント
■問合せ:イープラス:0570-01-2244(受付時間10時~18時・土日祝含む)
シェア / 保存先を選択