「きびる(むすぶ)」がキーワードの「キビるフェス」が2月に福岡で開催

ニュース
2017.1.30
非売れ線系ビーナス(撮影:中山幸二)

非売れ線系ビーナス(撮影:中山幸二)


「キビるフェス~福岡きびる舞台芸術祭~」が2月18日から26日まで、福岡・パピオビールーム 大練習室、ぽんプラザホールにて開催される。

福岡の方言である「きびる(むすぶ)」をキーワードに掲げる同フェスでは、全国と福岡の舞台芸術団体を、観客と舞台芸術を、福岡の舞台芸術活動の場を“きびる”ため、作品の上演や関連企画を行う。

参加団体は、長崎・佐世保の劇団HIT!STAGEと長崎・諫早の劇団ヒロシ軍、福岡の非・売れ線系ビーナスのほか、東京から劇団森キリン、TRASHMASTERS、アマヤドリが登場する。また2月19・21日にはワークショップ、20日にシンポジウム「福岡の内と外から、この街の理想像を語る」も行われるので詳細は公式サイトで確認しよう。

なお本フェスの企画制作を手がける特定非営利活動法人アートマネージメントセンター福岡の代表理事である糸山裕子は、「福岡にだって舞台芸術が存在することってステキじゃないですか! と言いたくて始めたこの小さなフェスです。応援よろしくお願いします」とコメントしている。

糸山裕子コメント

プレから10年間続いた「福岡演劇フェスティバル」が休止となりました。一方2023年開館を目指す「拠点文化施設」については、舞台芸術を意識した計画となっています。昨年度春に、福岡県立ももち文化センターの館長になったおり、多数の音楽関係者の方々とお会いする機会があり、「なぜ舞台芸術なの?」という疑問を多くの方がおっしゃいました。現代演劇やダンスの存在はわかっているが、ほっておけば良く、音楽が盛んなこの街でそのための劇場が必要とは思えないという素直なご意見です。福岡は創造都市でも無く、条例も持たず、これほどの大規模都市でどうなっているの?という東京の方もいれば、「山笠」と「どんたく」があればいいんでしょうとおっしゃる他都市の方もいます。なので、福岡にだって舞台芸術が存在することってステキじゃないですか! と言いたくて始めたこの小さなフェスです。応援よろしくお願いします。

キビるフェス~福岡きびる舞台芸術祭~

2017年2月18日(土)~26日(日)
福岡県 パピオビールーム 大練習室、ぽんプラザホール

出演
劇団森キリン「えすえむ」

 

2017年2月18日(土)・19日(日)
福岡県 パピオビールーム 大練習室

作・演出:森山貴邦
出演:森山貴邦、吉原真理、田山幹雄、佐治静 / 木村衣織、三浦葵

非・売れ線系ビーナス レパートリーツアー第1弾「些細なうた」

 

 

2017年2月23日(木)~26日(日)
福岡県 パピオビールーム大練習室

作:田坂哲郎
演出:木村佳南子
出演:大竹謙作、岩城朋子、福沢究、ケニー、ぽち、田坂哲郎

TRASHMASTERS「たわけ者の血潮」

 

 

2017年2月18日(土)・19日(日)
福岡県 ぽんプラザホール

作・演出:中津留章仁
出演:星野卓誠、倉貫匡弘、高橋洋介、森下庸之、森田匠、長谷川景、川崎初夏(崎はたつざきが正式表記)、林雄大、多田香織 / 林田麻里

劇団HIT!STAGE×劇団ヒロシ軍「花の棲む街」リーディング公演

 

 

2017年2月22日(水)
福岡県 ぽんプラザホール

作:森馨由
共同演出:和田喜夫、田原佐知子
出演:荒木宏志、中村幸 / 真島クミ、森タカコ / 辻詩織 / 長野哲也

アマヤドリ「ロクな死にかた」

 

 

2017年2月24日(金)~26日(日)
福岡県 ぽんプラザホール

作・演出:広田淳一
出演:渡邉圭介、榊菜津美、石本政晶、中野智恵梨、相葉るか、相葉りこ、一川幸恵、遠藤杜洋、中村早香 ほか

 

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択