「親と子のギャラリー『ミイラとエジプトの神々』」東京国立博物館で開催

ニュース
2015.7.2
東洋館展示風景

東洋館展示風景

画像を全て表示(5件)

2015年7月22日(水)から9月13日(日)まで、東京国立博物館にて夏休み恒例の親子向け企画「親と子のギャラリー『ミイラとエジプトの神々』」が開催される。
国内で唯一常設展示を行っているエジプトのミイラ「パシェリエンプタハのミイラ」を中心に、古代エジプトで信じられてきた神々と死後の世界を紹介する。

パシェリエンプタハのミイラ

パシェリエンプタハのミイラ

■「ホンモノ」のミイラの迫力に子どもも大人もビックリ!

「親と子のギャラリー」は、当館が夏休みなどにあわせて親子向けに展開している企画。
今回は「古代エジプトでは死んだらどうなる?」「古代エジプトでは動物も神さまだった!?」の2つをテーマに、子どもたちの好奇心を刺激するミイラを入り口に、古代エジプトの死生観を学ぶとともに、創造性豊かな神々の造形を楽しめる内容となっている。
みどころのひとつ、「パシェリエンプタハのミイラ」は明治37年(1904)にエジプト考古庁から東京国立博物館に寄贈された「本物」のミイラ。ミイラと容器がそろって保管されている、日本においてはきわめてめずらしく、貴重な資料であり、日本国内でエジプトのミイラが常設展示されているのは東京国立博物館だけ。

■当時の彩色をデジタル再現

館内のミュージアムシアターでは、連動したプログラムを上演。X線CTや赤外線撮影、三次元計測など最新の研究成果をもとに、現在は大半が見えなくなっている棺表面に彩色で描かれた神々の像や銘文、さらにミイラの骨をデジタル再現する。(別料金。「親と子のギャラリー」開催期間中は小・中学生無料。)
その他にも、夏休みの宿題に使えるワークシートや夜の博物館を体験できるワークショップなど、楽しいプログラムが満載。

現在の棺表面

現在の棺表面

棺の彩色再現図(画像提供:凸版印刷株式会社)

棺の彩色再現図(画像提供:凸版印刷株式会社)

 

■古代エジプトでは動物も神さまだった!?

古代エジプトの神さまは、猫や魚、鳥やライオン、カバなど、エジプトにいた動物たちの姿で表された。古代エジプトでは、大自然の中に生きる動物たちは、人間にはない素晴らしい能力を備えた神聖な存在であった。エジプトの神々もまた、超人的な能力を持った存在として、象徴的に動物の姿で表されたのではないだろうか。

 

■関連企画も満載!

【ミュージアムシアターVR作品「東博のミイラ デジタル解剖室へようこそ」】
エックス線CT画像、三次元計測データ、赤外線撮影データといった最新の調査・研究結果をもとに、性別や年齢、身長などの推定、棺に描かれた図像の再現など、科学の眼から「パシェリエンプタハのミイラ」の謎に迫る。


【ワークシート「古代エジプトでは、死んだらどうなる?」】
会期中、親と子のギャラリーの展示とミュージアムシアターをつなぐ、オリジナルワークシート「古代エジプトでは、死んだらどうなる?」を無料で配布。
最後の暗号にたどりつけたお子さまにはプレゼントも!夏休みの自由研究にもお役立ち。


【ファミリーワークショップ「親子でエジプト探検in ナイト・ミュージアム」(参加費無料・事前申込)】
夜の博物館で展示を見たり、ミイラをテーマにしたバーチャル・リアリティ映像を見てミイラの謎に迫ったり、わくわくする探検を楽しめる。

その他、様々な関連企画あり!

 

この夏は親子でぜひ東京国立博物館へ!

 

イベント情報
親と子のギャラリー『ミイラとエジプトの神々』

日時 :2015年7月22日(水)~9月13日(日)
会場 :東京国立博物館 東洋館3室

 

関連企画
ファミリーワークショップ「親子でエジプト探検in ナイト・ミュージアム」

日時 :8月22日(土) 18:00~20:00(17:30集合)
対象 :小学生とその保護者
定員 :10組(応募者多数の場合は抽選)
申込方法:当館ウェブサイトのフォームでお申し込みください。
申込締切:8月6日(木)必着
シェア / 保存先を選択