映画監督・園子温の初個展『ひそひそ星』17年ぶりとなる自主映画も公開

SPICER

映画監督 園子温の個展が、Chim↑PomとGarterによる高円寺の「キタコレビル」にて6月26日から開催される。

『ヒミズ』や『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』など国際的な映画祭の常連としても活躍しており、2015年に入ってからも『ラブ&ピース』『新宿スワン』『リアル鬼ごっこ』と話題作を手掛けている映画監督・園子温。
今回の展示は「ジーパンを履いた朔太郎」と称された詩人として始まり、絵本の出版、90年代初頭の東京の路上をゲリラでハックし続けた伝説的パフォーマンス集団「東京ガガガ」の主催、水道橋博士とのお笑いデュオなど、ジャンルを横断し続ける園子温の表現者としての一面を切り取るものだ。

Chim↑PomとGarterが高円寺で2015年から運営しているアーティスト・ラン・ギャラリー『Garter』で開催される同展では「芸術家・園子温」としての側面に焦点を当て、「東京ガガガ」のアーカイブ、新作ハプニングアート「ハチ公プロジェクト」、そして17年ぶりの自主制作映画として制作を終え、来年の公開を予定している新作「ひそひそ星」のインスタレーションバージョンの3作が展示される。

本展のタイトルにもなっている『ひそひそ星』は園が1990年に書き下ろし、2015年に制作されたSF作品。「声高に話せないところ」を描いた本作では、セリフの数は最低限に絞られ会話は全てヒソヒソと交わされている。それ故に蛇口をひねる音や蛍光灯の描写など極めて日常的なシーンが丁寧に描写されている。また、本作で主人公が降り立つ星々は、福島の居住が制限されている被災地で撮影され、多くの登場人物も避難中の人々によって演じられた。本展では特にそれらのシーンに絞って再構成された映像インスタレーションを発表している。

またワタリウム美術館オン・サンデーズ書店では2015年6月2日(火)〜7月5日(日)まで「ラブ&ピース・ペインティングス」が同時開催されている。

イベント情報
園子温展「ひそひそ星」
会期:2015年6月26日 ~ 7月26日
会場:東京都杉並区高円寺北3-4-13 キタコレビル内 アーティスト・ラン・ギャラリー「Garter」
開館時間:15:00 ~ 20:00
休廊日:水曜
入場料:500円
ウェブサイト:http://chimpom.jp/artist-run-space-jp.html
シェア / 保存先を選択