【動画3分】北翔海莉 初の女性役は新納慎也に教えてもらう!? ミュージカル・コメディ「パジャマゲーム」制作発表レポート

ニュース
動画
2017.2.27
ミュージカル・コメディ「パジャマゲーム」制作発表 北翔海莉

ミュージカル・コメディ「パジャマゲーム」制作発表 北翔海莉

画像を全て表示(2件)

ミュージカル・コメディ「パジャマゲーム」の制作発表が行われ、宝塚退団後 初の舞台出演となる北翔海莉らが 劇中曲を披露した。

ミュージカル・コメディ「パジャマゲーム」は、リチャード・ビッセルのベストセラー小説「7セント半」を元に、7セント半の賃上げを望むパジャマ工場の労働者と雇用者の闘いと、若木工場長と組合員の恋をロマンチックに描いた作品。

1954年に初演。トニー賞最優秀作品賞などを受賞した名作であり、ボブ・フォッシーが初めて振付を手掛けた作品としても有名。

そして今作の演出を手掛けるのはトム・サザーランド。日本では「タイタニック」や「グランドホテル」を手掛けて高い評価を得た彼の手腕に期待が高まるところだ。

出演は北翔海莉新納慎也大塚千弘上口耕平広瀬友祐阿知波悟美佐山陽規栗原英雄など。

本作の制作発表が行われ、劇中曲 3曲が披露された。【動画3分】
1曲目 I’m not at all in love
2曲目 Hey There
3曲目 Once a year day


 

北翔海莉にとっては宝塚退団後 初めての舞台出演であり、男性俳優との共演も初めてのこと。「大塚千弘さんのようにかわいい女性の雰囲気が、引き出しが無いので出せないんです。このベイブという役は、男から女に変わる今の私の状況にピッタリだと思うので、精一杯体当たりで頑張りたい。」とコメント。

相手役にあたるシドを演じる新納慎也はこれを受けて「今回はハンサムな役なんです!! きっと(北翔さんより)僕の方が女性役をよくやっています! ドレスさばきなどを教えるので、二枚目のやり方を教えてください。」と話し、会場の笑いを誘っていた。

演出を務めるトム・サザーランドによると、本作は「60年前にイギリス、アメリカのミュージカルシーンに大きな影響を与えた作品。昔の作品ではあるが新しさを忘れてはいけない。モダンミュージカルをお好きな方は本作を気に入ってもらえると思います。なぜなら、この作品が原点だからです。」と、力強く語っていた。

9月末から上演される作品だが、今から秋が楽しみになってきた。

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

公演情報

ミュージカル・コメディ「パジャマゲーム」

【原作】リチャード・ビッセル
【脚本】ジョージ・アボット、リチャード・ビッセル
【作詞・作曲】リチャード・アドラー、ジュリー・ロス
【翻訳・訳詞】高橋知伽江
【演出】トム・サザーランド
【振付】ニック・ウィンストン

【出演】
北翔海莉、新納慎也、大塚千弘、上口耕平、広瀬友祐、阿知波悟美、佐山陽規、栗原英雄 ほか

2017/9/25(月)~10/15(日)/東京・日本青年館ホール
2017/10/19(木)~10/29(日)/大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

エントレ
シェア / 保存先を選択