佐津川愛美が“酔っ払っているくらいのテンションで”カメラの前で赤裸々に自身を語る 

SPICER

2017年4月5日(水)から2017年4月9日(日)まで新宿シアターサンモールで上演される舞台「野良女」の主演女優・佐津川愛美が「野良女」公式ホームページ上で新しい企画「佐津川愛美のひめくりQUESTION」を開始した。本企画は、2017年2月14日(火)から公演が始まる4月5日(水)まで50日間連続で佐津川愛美が一日一問ずつインタビューに答えるというもの。

舞台「野良女」は、アラサー女子たちの本音、アラサーだから感じる喜怒哀楽を表現し、女性には共感、男性には“恐怖”を感じさせる、というコンセプトで制作される。その達成に向け、まずは座長・佐津川愛美が自ら己をさらけ出したいと申し出たことから企画が実現したという。

先日おこなわれた製作発表でも本企画についての言及があり、その際佐津川は、「普通に答えてもつまらないかなと思い、いつも私が酔っ払っているくらいのテンションで答えています」とアピールした。正統派女優である佐津川が、かつて見せたことがないほど、赤裸々に自身の過去や仕事への想いなどを語っている。インタビュー動画は毎日17:00に更新されており、公式ツイッターでは随時更新情報がツィートされる。


また、原作者の宮木あや子も佐津川から影響をうけ、自身の公式ブログで<舞台「野良女」の宣伝のため、原作者が勝手に公式に便乗する企画>と称して「宮木あや子の日めくりQuestion」を執筆開始した。ドラマ化もされた『校閲ガール』をはじめ人気小説を次々に世に送り出す女流作家・宮木の巧みな言葉のセンスから繰り出されるエントリーは、思わずニヤリとしてしまうこと間違いなしだ。

佐津川の動画、宮木のブログ。2つの「日めくりクエスチョン」が舞台「野良女」への期待感を煽る。


関連記事舞台「野良女」アラサー女優陣のぶっちゃけガールズトーク​

公演情報
舞台「野良女」

日程:2017年4月5日(水)~9日(日)
会場:新宿シアターサンモール
チケット料金:全席指定6900円(税込)

原作:宮木あや子
演出:稲葉賀恵(文学座)
脚本:オノマリコ(趣向)
音楽:オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)
出演:佐津川愛美、芹那、沢井美優、深谷美歩、菊地美香 ほか

公式ホームページ:http://noraonna-stage.jp/

 
シェア / 保存先を選択