『キャプテン翼』が舞台化決定 神技シーンも最新のデジタル技術をもちいて再現

ニュース
舞台
アニメ/ゲーム
2017.2.28
 ©高橋陽一/集英社 ©超体感ステージ「キャプテン翼」製作委員会

©高橋陽一/集英社 ©超体感ステージ「キャプテン翼」製作委員会

漫画『キャプテン翼』が舞台化されることが発表された。

キャプテン翼』は、高橋陽一による漫画作品。連載開始から30年以上が経つ今もなお多くのファンに愛され続け、国内外のプロサッカー選手に影響を与えた。

今回の舞台作品では、漫画でおなじみの神技が連発するシーンは、ダンスやマーシャルアーツ、イリュージョン、デジタルと身体能力を掛け合わせ、ダイナミックに描かれる。総合演出は演出家・振付家・ダンスパフォーマーとして世界で活躍しているEBIKEN(蛯名健一)が担当。さらに脚本・演出アドバイザーとして加世田剛が参加している。また、演劇では初の導入となる最新のデジタル技術を導入し、五感で楽しめる舞台となるとのこと。詳細は後日発表される。

超体感ステージ『キャプテン翼』は2017年8月18日(金)より、Zepp ブルーシアター六本木にて公演予定。

イベント情報
超体感ステージ 『キャプテン翼』

日程 :2017年8月18日(金)~9月3日(日) 23 回公演予定
総合演出 : EBIKEN (蛯名 健一)
脚本 : 加世田 剛
振付 : 松永 一哉
出演者
※後日発表
会場: Zepp ブルーシアター六本木
公式HP : http:// captain-tsubasa-stage.com
企画・主催 : Zepp ブルーシアター六本木運営委員会
㈱Zepp ライブ/㈱パルコ/トリックスターエンターテインメント㈱
㈱クリエイティブマンプロダクション/㈱トムス・エンタテインメント/㈱イープラス
㈱ローソンHMV エンタテイメント/ぴあ㈱

※チケット受付について詳細は後日発表。
シェア / 保存先を選択