ルパンファミリーに新たな化学反応を!? 新TVシリーズ『ルパン三世』のカギを握る新キャラ役に藤井ゆきよさんを起用

新TVシリーズ『ルパン三世』新キャラ役に藤井ゆきよさんを起用

新TVシリーズ『ルパン三世』新キャラ役に藤井ゆきよさんを起用

 今秋10月より、日本テレビ、よみうりテレビほかにて放送される新TVシリーズ『ルパン三世』。この度、新TVシリーズのカギを握る新キャラクター・レベッカの声優に、『サカサマのパテマ』のパテマ役などを担当した藤井ゆきよさんに決定しました! 藤井さんのコメントも到着したので、あわせてご紹介しましょう♪


◆レベッカの声優に、藤井ゆきよさん決定!

◆レベッカ役・藤井ゆきよさんコメント
子供の頃から見ていた『ルパン三世』にまさか自分が出演する事が出来るなんて想像もしていませんでした。最初の収録の時に『ルパンファミリー』の皆様の声を聞いた時はすごく感動したのと同時に、自分もその場にいたことが今でも不思議な感覚です。
 収録を重ねて行く度に、その場に居られる事の幸せを、そして新キャラクターを演じさせて頂ける重責を実感しました。先輩やスタッフの方、沢山の方々の力をお借りして精一杯頑張りました!
 『ルパン三世』の新しいシリーズ、楽しみにしてて下さい! よろしくお願いいたします!!

●レベッカ・ロッセリーニ(CV:藤井ゆきよ)
サンマリノ共和国を代表する財閥の若き会長でありながら、モデルや女優としても活躍。数々の著名人と浮き名を流す世界的なゴシップクイーン。誰にも言えない秘密を持つ。


◆浄園祐プロデューサーコメント
 レベッカはルパンファミリーに化学反応を起こす新たなキャラクターです。イマドキの女の子である点は親近感をもって見ていただけるのではないでしょうか。紅一点の峰不二子という存在は揺るぎませんが、レベッカの存在に不二子の感情も揺れるのか? 金も美貌も全てを手に入れた女同士が、ルパンに吸い寄せられていく展開にもご期待下さい。藤井さんならば、レベッカの若くてじゃじゃ馬なかんじをうまくコミカルに演じてくれると思い起用しました。本人もレベッカに勝るとも劣らない美女ですが、ちょっと天然でお茶目な一面もあり、そのギャップも演出にプラスになっております。


◆『ルパン三世』新・本命シリーズ誕生!

 『ルパン三世』の新・本命ともいえるシリーズが誕生する。それが本年10月から日本テレビほかで放送が開始される『ルパン三世』。
 抜群の頭脳で難関を突破、いかなる標的も必ず奪う大泥棒で美女が大好きなルパン三世が、イタリアとサンマリノを舞台に数々のターゲットを狙う!ルパンの計画を共に遂行するのは、相棒にして無敵のガンマン・次元大介と居合抜きの達人・石川五ェ門。それに正体不明の美女・峰不二子。だが彼女は敵か味方かわからない。一方、彼らを追うのはルパン逮捕に執念を燃やすICPOの敏腕捜査官・銭形警部。このお馴染みの面々に加え、自由奔放なセレブ娘レベッカ・ロッセリーニがもう一人のヒロインとしてシリーズに大きく関わっていく。そしてイギリス諜報部MI6もルパンの動きを探ることになる。
 キャラクターひとりひとりの際立つ存在感。ただ群れるのではなくプロフェッショナルがミッションのために手を組むという関係性。軽妙なユーモア。随所に登場する実在の銃器や車輛。信頼と裏切りが錯綜し、最後の最後まで何が起こるかわからないスリリングな展開――。『ルパン三世』のオモシロサをギュッと凝縮し、超一級のエンタテインメントに仕上がった新・本命シリーズを存分に堪能してほしい。
 モンキー・パンチによる原作マンガ『ルパン三世』が初めてアニメ化されたのは1971年。緑色のジャケットを着たルパンが活躍する全23話のTVシリーズであった。1977年より再度TVシリーズ化。赤いジャケットのルパンは約3年計155話にわたり活躍する。その間より劇場映画も公開が始まり、その後現在に至るまでTVシリーズ、劇場映画、TVスペシャル、OVAなど様々な形態で新作が制作されてきた。アニメ化44年目の新たなルパン三世は、青いジャケットに身を包みイタリアとサンマリノを駆け巡る。

◆テレコム・アニメーションフィルム渾身のTVシリーズ
 本作のアニメーション制作はテレコム・アニメーションフィルムが担当する。『ルパン三世 カリオストロの城』以降、《ルパン三世》史上の要所にある作品の制作を担ってきたスタジオだ。熟達のベテランと気鋭の若手が机を並べ、腕を競い合うようにして本作の制作に臨んだ。総監督は友永和秀。『ルパン三世 カリオストロの城』の、あのフィアットの崖登りを手がけた名アニメーターが、新シリーズを統括する。キャラクターデザインは横堀久雄。長くルパンに関わりアクションシーンとカーアクションを得意とするアニメーターが、魅力あふれるルパンたちを創出する。シリーズ構成・脚本は高橋悠也。昨年公開された傑作『LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標』で観客のみならず出演者も唸らせた俊英がスリリングなルパンワールドを紡ぎ出す。そして音楽は大野雄二。もはや国民曲とも言えるルパン三世のテーマを新アレンジするほか、ルパンを知り尽くしたマイスターが本命ルパンの活躍を彩る。
 熟達のベテランから気鋭の若手まで。いずれもプロフェッショナルなクリエイターたちの手によって磨き上げられたのが、今回の『ルパン三世』なのだ。



◆作品情報
タイトル:ルパン三世

<放送概要>
日本テレビ、読売テレビ他にて10月放送開始

<STAFF>
原作/モンキー・パンチ
総監督/友永和秀
監督/矢野雄一郎
脚本/高橋悠也
キャラクターデザイン/横堀久雄 
音楽/大野雄二
美術監督/山子泰弘
色彩設計/山本智子
撮影監督/田沢二郎(T2スタジオ)
CG監督/田村和弘(ダンデライオン)
編集/笠原義宏
音響監督/清水洋史(東北新社)
音響監督/倉橋静男(サウンドボックス)
プロデューサー/浄園 祐
アニメーション制作/テレコム・アニメーションフィルム
製作・著作/トムス・エンタテインメント

<CAST>
ルパン三世/栗田貫一
次元大介/小林清志
石川五ェ門/浪川大輔
峰不二子/沢城みゆき
銭形警部/山寺宏一

>>「ルパン三世」公式サイト

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択