保存版! EDMの聴いておくべきアルバム40選(ポップス編③)

動画
特集
2017.3.31

画像を全て表示(9件)

EDM MAXX編集部が選んだダンスミュージック好きにとっての必聴アルバム40枚を一挙紹介。ここ数年間にリリースされた数々の作品から、今回はポップ&メジャー系を中心にザ・チェインスモーカーズからセッドまで8作品をお届けします♪

シングル単位で聴くことの多いダンスミュージックですが、たまにはアルバムを通して聴いてみてはどうでしょうか?

アルバムには各作品ごとにテーマやコンセプトがあったり、SF映画を思わせるユニークな世界観が描かれていたり、そのアーティストならではのこだわりがたっぷり落とし込まれているもの。そんなアルバムの数々から、今回はポップ&メジャー系EDMを中心にザ・チェインスモーカーズからゼッドまでをご紹介。
 

LMFAO 『Sorry For Party Rocking』(2011年)

一世を風靡したシャッフルダンスでお馴染みのLMFAOによるセカンド作。全編オバカなパーティ大会で徹底的に攻め上げる。アルバム全体の監修を務めたのは、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アム。残念ながらコンビは解消したが、本作でのパーティロックのコンセプトは、レッドフーのソロアルバム『Party Rock Mansion』(2016年)へと引き継がれた。

 

MAJOR LAZER 『Peace Is The Mission』(2015年)

“Lean On”のメガヒットを生み出した、ディプロ率いる3人組=メジャー・レイザーによる3作目。ダンスホール、スカ、レゲトンなど、ディプロの得意とするジャマイカ〜カリブ経由サウンドがカラフルに跳ねまくる。アリアナ・グランデ、エリー・ゴールディングら人気歌姫も駆けつけるが、全9曲では物足りない方には“Extended”“Remixes”などのバージョンも。

 

RUDIMENTAL 『Home』(2013年)

UKの4人組ドラム&ベースグループ、レディメンタルによるデビュー作。ソウルフルなディープハウスをドラム&ベース、ダブステップ、ジャングルなど多彩な手法で巧みにアレンジ。大絶賛を受けて全英No.1を記録した。本作からはシングル2曲もNo.1を獲得し、ポップとアンダーグラウンドサウンドのクロスオーバーを成功させた。

 

SKRILLEX AND DIPLO 『Skrillex and Diplo present Jack Ü』(2015年)

スクリレックスとディプロによるコラボプロジェクト、ジャックÜのデビュー作。トラップやダブステップが導入されたボーカル/ラップ系のトラックを中心に構成。カイザやアルーナジョージ、その後のキャリアを大きく躍進させることとなるジャスティン・ビーバーも参加。ジャスティンの客演したシングル「Where Are Ü Now」と本作は、ともにグラミー賞を受賞!

 

THE CHAINSMOKERS 『The Chainsmokers Japan Special Edition』(2016年)

今や飛ぶ鳥を落とす勢い! ザ・チェインスモーカーズの日本独自に企画されたミニアルバム。切ない歌詞とメロディをポップなEDMサウンドに乗せて、皆のハートをがっしりゲット。世界のチャートを席巻した「Don’t Let Me Down feat. Daya」はオリジナルに加えて、ハードウェル&セフィックスによるリミックスも収録。

 

WILL.I.AM 『#willpower』(2013年)

母体ブラック・アイド・ピーズやプロデュース業で多数のヒットを放っていたものの、ソロでは4作目にしてようやく大成功したウィル・アイ・アム。ブリトニー・スピアーズ、ジャスティン・ビーバー、マイリー・サイラスらのスターパワーを借りつつ、アフロジャックやスティーヴ・アンジェロ、セバスチャン・イングロッソらを率いてクラブバンガーを多数放出。彼らしいロボティックな未来図を描き出す。

 

ZEDD 『Clarity』(2012年)

ロシア系ドイツ人DJのゼッドによるデビュー作。美しいメロディのボーカルとシンセがキラキラきらめき、痛快なビートが小気味良く飛び跳ねる。マシュー・コーマやエリー・ゴールディング、ライアン・テダーらヒットの要人が参加。ポーター・ロビンソンと共作し、フォクシーズがボーカルを担当したタイトル曲で、新人にしていきなりグラミー賞を受賞の快挙!

 

ZEDD 『True Colors –Perfect Edition』(2015年)

“音を聴くと色が見える”というゼッドの描いたカラフルなセカンド作。クールな透明感がみなぎっていた前作よりもパンチが倍増、サウンドも熱くなった印象が。恋の噂もあったセレーナ・ゴメスほか、エコスミスやトロイ・シヴァンも参加。日本盤には大ヒットしたヘイリー・ウィリアムス(パラモア)との共演曲「Stay The Night」も収録された。
 

この記事に興味を持ったらEDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」をチェックしてみよう! http://edmmaxx.com


Text by Hisashi Murakami

 
イベント情報
EDC Japan 2017
日程︓2017年4月29日(土・祝)・30日(日)の2日間
場所︓ZOZO マリンスタジアム&幕張海浜公園・EDC特設会場
時間︓10時開場、11時開演予定

■チケット料⾦ 
受付期間:2017 年3 月18 日(土)12:00 ~ 3 月28 日(火)18:00(日本時間)
2日通し券 29,000円(税込/ブロック指定)
1日券 15,000円(税込/ブロック指定)
2日通し券 VIP  SOLD OUT
1日券 VIP 35,000円(税込/ブロック指定)
★VIP 特典:(専用ライブ・ビューイング・エリア他)
※その他の特典は後日公式WEBサイトでご案内いたします。
■受付URL
EDC オフィシャル先着先行予約受付(国内)URL:http://eplus.jp/edc/
EDC オフィシャル先着先行予約受付(海外)URL:http://eplus.jp/inb/edc/



■注意事項
※18 歳以上入場可、VIP は20 歳未満入場不可。
※入場時ID チェック有り。必ず顔写真付き身分証明書をご持参ください。
※アルコール飲料購入ご希望の方はID チェックブースにて顔写真付き身分証明書のチェックがござい
ます。チェック後リストバンドを装着していただきます。
※雨天決行、荒天中止。
※各ステージの入場制限を行うことがあります。
※出演アーティストおよび出演ステージ変更によるチケットの払い戻しは致しません
シェア / 保存先を選択