くるり主催の『京都音楽博覧会』へ……初秋の古都で過ごす大型連休のススメ

コラム
2015.9.5
くるり

くるり

画像を全て表示(2件)

いよいよあと2週間ほどに迫ったシルバー・ウィーク。お出かけ先は決まっているだろうか。もし、「どこかに行きたいけどまだ決めていない」という方がいたなら、お勧めしたいイベントがある。


舞台となるのは、京都。

ロックバンド・くるりの主催で9月20日(日)に開催される『京都音楽博覧会2015in梅小路公園』である。今年で9回目を迎えた同イベントには、これまでも奥田民生や椎名林檎らロックシーンを代表するミュージシャンのほか、石川さゆりや細野晴臣、小田和正などジャンルの垣根を超えたビッグアーティスト、さらにはジェームス・イハ(元スマッシング・パンプキンズ)など海外のビッグネームも参加してきた。

今年も、くるりはもちろん、ザ・クロマニヨンズの真島昌利、ヒックスヴィルの真城めぐみ、中森泰弘で結成されたましまろ、ゲスの極み乙女。としても活躍中の川谷絵音率いるindigo la End、くるりにも大きな影響を与えたシンガーソングライター・高野寛、そして数々の国民的名曲を持つ八代亜紀の出演が決定。海外からは現代ブラジル最注目のシンガーソングライター/マルチ奏者/コンポーザーのアントニオ・ロウレイロ、ロンドンを拠点に活動する25歳のヴォーカリスト/マルチ・インストゥルメンタリスト/プロデューサーのコスモ・シェルドレイクと2組のアーティストが参加する。さらに先日にはシングル「EGG」も好評な木村カエラの参戦も発表され、大いに注目を集めるなど豪華な顔ぶれとなっている。

木村カエラ

木村カエラ

そして同イベントの魅力はそれだけではない。公園内に併設されている京都水族館と一夜限りのコラボレーションイベントとして1,000人限定のスペシャルイベント『京都音楽博覧会 presents Quruli aQuarium 』~ 京都音楽博覧会 公開打ち上げ~を開催し、京都水族館の「イルカスタジアム」にてくるりの音楽でスペシャルイルカパフォーマンスを展開するほか、くるりのレギュラーラジオ番組α-STATION「FLAG RADIO」の公開収録も実施するなど、京都の街とその文化を愛するくるりらしい試みもふんだんに盛り込まれているのだ。

他にも、『京都音楽博覧会』と直接の関係はないものの、京都市美術館でマグリット展や、ルーヴル美術館展「日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」が行われていたり、少し足を延ばせばスチールRの森 京都(府民の森ひよし)ではアウトドア・キャンプ×音楽というイベント『GO OUT CAMP 関西 vol.4』が開催されていたりと、芸術・文化・レジャーといった分野の楽しみが満載の期間となっている。
 

紅葉にはまだ早いが、酷暑も盛りを過ぎた初秋の古都。連休の1日は音楽と様々な文化の調和に身を浸し、日程に余裕のある方は寺社仏閣巡りなど京都観光に足を延ばしてみるのもまた一興ではないだろうか。
 

イベント情報
京都音楽博覧会2015in梅小路公園​

日時:2015年9月20日(日)
会場:京都・梅小路公園
出演者:くるり、indigo la End、木村カエラ、高野寛、ましまろ、八代亜紀、アントニオ・ロウレイロ、コスモ・シェルドレイク

 
シェア / 保存先を選択