2017年7月 有楽町に新たな劇場「オルタナティブシアター」が開業! こけら落とし公演『アラタ~ALATA~』製作発表

SPICER

画像を全て表示(10件)

2017年7月7日(金)東京・有楽町マリオンにノンバーバル劇場「オルタナティブシアター」が開業する。4月4日(火)に都内にて、こけら落とし公演『アラタ~ALATA~』製作発表会が行われ、作・横内謙介、演出・岡村俊一、そしてダンサーのElina、チャンバラスペシャリストの早乙女友貴、オーディションで選ばれた吉田美佳子、そして、同劇場を運営する株式会社スタジオアルタの田沼和俊代表取締役社長が登壇した。

近年、訪日外国人が増え続け、その目的の1つに日本文化の触れ合いを求める人も多い。この施設ではそんな層をターゲットにしており、演目はもちろんのこと、入場から退場までをおもてなしの心で行い、グローバルなオトナの遊び場となる新感覚スペースを演出する。立地は古くからエンターテイメントの拠点であり、日本のブロードウェイとも呼ばれる有楽町。訪日観光客も多い銀座エリアとも隣接している。オルタナティブシアターはノンバーバルパフォーマンスに特化した劇場となっており、総客席数は立ち見52席を含む全462席。ワイヤーアクションの設備なども整っており、誰が観劇しても楽しめようになっている。

こけら落とし公演になる『アラタ~ALATA~』はサムライがテーマ。

<あらすじ>
舞台は2020年のトーキョー。そこに1人のサムライであるアラタが現れた。アラタは15××年の戦国時代からこの2020年のトーキョーにタイムスリップしてきたのだ。2020年に来たアラタは、そこで現代を生きる女・こころに出会う。現代を知らないアラタ、古臭いことを嫌うこころの2人による東京珍道中となっており、タイムスリップチャンバラショーがここに始まる。

キレのあるダンスを披露するElina

キレのあるダンスを披露するElina

早乙女友貴の華麗な殺陣

早乙女友貴の華麗な殺陣

吉田美佳子はイリュージョンで登場

吉田美佳子はイリュージョンで登場

製作発表会ではElinaがダンス、早乙女友貴が殺陣、吉田美佳子がイリュージョンをそれぞれ披露した。

作の横内謙介は「台詞はほぼありません。ちゃんとストーリーのあるものにして、楽しく刺激的でありながら、感動できるものにするのが私の責任だと思っております」とノンバーバルパフォーマンスへの意気込みを語る。

演出を務める岡村俊一は「いろいろな特殊装置、とんでもない数の照明が用意されている劇場ができる予定です。おまけにイリュージョンも取り込んでいます。あまり言葉がなくても、視覚的にこの話はわかるなっていう劇にしてみたいと思っております」と作品について話してくれた。

Elinaは「3年振りに芝居が入った舞台に帰ってきます。ダンサーとして活動を再開して、いろいろなことを学んできました。それを岡村さんと共に表現できることを嬉しく思っております。ダンスの可能性をみなさんに知っていただきたいというのが第一にあります。ダンスにしか表現できない情感や雰囲気だったり、繊細で緻密な部分をダンスで表現していけたらなと思っているので、そこに注目してほしいなと思います」と、ダンサーとしての作品への携わり方を教えてくれた。

早乙女友貴は「演劇仲間に楽しんでもらえて日本人仲間にも楽しんでもらえて、そしてもちろん外国人の方にも楽しんでもらえるような作品にしていきたいと思うんで、最後まで頑張っていきたいと思います。今までは言葉があってお芝居がある舞台に立たせてもらっていました。今回はショー的なものなので、物語のシーンによってお芝居が入った殺陣だったり、剣舞のような殺陣を盛り込んでいけたらいいかなと思っています」と海外のお客様への想いを語った。

オーディションを勝ち抜き、見事出演者として名を連ねた吉田美佳子は「一昨日、大学の入学式が終わってなりたてほやほやの大学生です。私はまだまだ未熟者で経験も浅いので、何事にも挑戦して頑張りたいと思います」と挨拶。フレッシュさのなかにも燃えるような情熱が垣間見えた。

スタジオアルタの田沼和俊代表取締役社長は、「目標は世界に向けての発信。『アラタ~ALATA~』をラスベガスに輸出していきたい」とさらなる意欲を語っていた。

『アラタ~ALATA~』は東京・オルタナティブシアターにて7月7日(金)からロングラン公演として上演予定。
 

取材・文・撮影=鈴木 唯

シェア / 保存先を選択