最終少女ひかさ、次ツアーファイナルをもって解散

ニュース
2017.4.24
最終少女ひかさ

最終少女ひかさ

最終少女ひかさが5月14日より行うツアー『GEKOKUJO!-2017巣立ち-』のファイナルとなる地元北海道でのワンマンライブを最後に解散することを発表した。

最終少女ひかさは2013年の結成以来、『RISING SUN ROCK FESTIVAL』出演やワンマンライブを敢行し即日ソールドアウトさせるなど精力的に活動。先日には1stミニアルバム『最期のゲージュツ』をリリースしていた。なお、この解散表明に伴い急遽、ラストシングル「ディアマイフレンド」(CD-R)をツアー会場限定で販売する。

以下、ボーカル・但野正和よりコメント。

あまり深刻にはしたくない。悲しい気持ちにはさせたくない。長くならず、サラッと伝えたい。

いくら考えてみても。なんて言えばいいか分からなくて。勇気が出なくて。このまんまでは、とても言いだせそうにないので。
メールを打つように。
そう思いながら、伝えていくことにします。きっと長くなる。でも、まぁ俺はいつもそうだ。


2017年6月23日に札幌sound lab moleでワンマンライブ。
それが最終少女ひかさの、最後のライブになります。
そのライブが終わると同時に、解散します。

原因、理由。
気になると思うんだけど。ひとことじゃ言えないし。みんながスッキリするような、適切な言い方も見当たりません。

ただ、
「この5人で良いものを作っていくことが出来ない」
そう思ってしまったからです。(ハッキリとしない言い方に聞こえるだろうけど)

どうしてそんな結論に至ったのか。一番の原因は、結局は俺のリーダーシップ不足だわ。

ひかさの音楽。沢山の人が好きになってくれた。ライブに来てくれる人から
「ひかさのライブを楽しみにまた頑張れる」「生きていける」「支えになっている」
そんな言葉を伝えられることもあった。口頭だったり。手紙だったり。勝手に覗くSNSの投稿だったり。
俺は、照れてただ笑っていたり。
「大袈裟だなぁ」なんて思ってたけど。
でも、それがお世辞でも嘘でもないことは分かっていた。伝わっていた。

果たせないままの約束もある。随分とでかいこと、歌詞にも書いてしまってる。証拠として残っちまってる。
嘘じゃなかったけど。嘘になるのか。情けねーな。

どんな前向きな言葉を並べようが。悲しいもんは悲しいだろうし。
今後のそれぞれの人生応援してくれだなんて言ったって。
ひかさの代わりには、誰もなれない。
いつもの5人が揃って、最終少女ひかさ。

ただひとつだけ。
俺たち5人が、この先、ただ死んだように生きていくんじゃなくて。輝いて生きていくために辿り着いた結論です。

謝られたくないかもしれないけど。
謝りたい。本当にごめん。解散するわ。
6月23日までは最終少女ひかさです。
好きでいてくれる人の存在は、いつも俺たちの支えでした。本当にありがとう。

最終少女ひかさ 但野正和

 

ツアー情報
「GEKOKUJO! -2017巣立ち-」
2017年5月14日(日)大阪 梅田Shangri-La -ワンマン-
2017年5月16日(火)香川 TOONICE
2017年5月17日(水)広島 CAVE BE
2017年5月19日(金)福岡 Public Space 四次元 -ワンマン-
2017年6月9日(金)東京 代官山unit -ワンマン-
2017年6月11日(日)名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL -ワンマン-
2017年6月23日(金)札幌 Sound Lab mole -ワンマン-
*全会場 前売り2800円1D別
 

 

シェア / 保存先を選択