『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』フィルム∞オーケストラが日本上陸!立体&臨場感溢れるサラウンドシステム導入も

ニュース
動画
クラシック
イベント/レジャー
2017.4.24
 ※写真はイメージです。Presentation licensed by Disney Concerts (c) All rights reserved (c) Disney

※写真はイメージです。Presentation licensed by Disney Concerts (c) All rights reserved (c) Disney

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第一作『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』とオーケストラの生演奏を同時に楽しめる『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』フィルム∞オーケストラが、7月1日(土)から8月12日(土)の期間に全国12都市で15公演を行う。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、ディズニーランドのアトラクション“カリブの海賊”をベースとし、ジョニー・デップ演じるキャプテン・ジャック・スパロウらの壮大な冒険を描いた映画シリーズだ。7月1日(土)には、シリーズ第五作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が日本でも公開される。

 

 

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』フィルム∞オーケストラは、第五作公開を記念して、シリーズの第一作『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』の上映を、セリフや効果音はオリジナルそのままに、音楽をフルオーケストラの生演奏で贈るプレミアム上映。ディズニー楽曲をフルオーケストラの生演奏と実力派ヴォーカリストの歌声で贈る『ディズニー・オン・クラシック』の制作チームが手がけ、映像や音響、演出にこだわった新しい音楽体験を提供する。

また、7月1日・2日に東京国際フォーラムで行われる2公演は、「サラウンド サウンド・スペシャル」と称し、25台を超えるスピーカーが客席を囲んだ"立体的"で"臨場感"に溢れた音像空間を演出する、国内初の試みも。 東京芸術劇場 コンサートホール、みなとみらいホール、所沢市民文化センター ミューズの3会場では、弦楽器を増員したオーケストラ編成で、クラシック専用ホールの美しい響きを堪能できる、「クラシックホール・スペシャル」のコンサートとなるとのこと。

チケットはすでに発売を開始しているのでチェックしよう。

イベント情報

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』 フィルム∞オーケストラ

公演期間:2017年7月1日(土)~8月12日(土)
会場:東京・名古屋・大阪・福岡・広島など、全国12都市15公演
出演者:齊藤一郎(指揮)THE ORCHESTRA JAPAN(オーケストラ)ささきフランチェスコ(ナビゲーター)
言語: 英語上映(日本語字幕あり)
上演時間:約2時間40分(休憩15分間含む)
入場料:S席8,300円~9,500円 A席7,300円~8,500円 学生席(U25):1500円~
★大阪フェスティバルホール公演のみ BOX席10,000円 限定枚数販売あり)
※ 入場料は会場により異なります。
※ 未就学児童入場不可。
※ 学生席は25歳以下の学生を対象に、各会場限定枚数を販売します。
主管: Disney Concerts
制作: Harmony JAPAN

(c) All rights reserved (c) Disney

 

 

シェア / 保存先を選択