Negicco 不安を乗り越えた充実のツアー完走「これからがスタートなので応援よろしくお願いします!」

SPICER
Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

画像を全て表示(10件)

SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~ supported by サトウ食品
2017.4.28(FRI)Zepp DiverCity東京

どこからともなく聞こえてきたKaedeの声。ライブ前日、もしくは前々日、それぞれが自宅で録ってきたというツアーファイナル意気込みコメントはまるで真夜中の電話のようで、耳の奥がくすぐったい。客電が落ちると、ステージを覆う紗幕には今日の会場入りから本番に至るまでの密着映像が映し出され、リハーサルをするNegicco、ヘアメイクで磨かれるNegicco、スペシャルゲスト・堂島孝平と談笑するNegicco、少しずつ緊張度が増していくNegiccoに、見入ったり、笑ったり、チョッピリ悔しがったり、フロアの素直な反応が微笑ましい。

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

幕が上がると、逆光に浮かぶ3人のシルエット。いつもの倍! 6人編成のネギホーンズによるゴージャスな演奏。Meguが叫ぶ「ツアーファイナル、Zepp DiverCity。盛り上がっていくぞー!」がスタートの合図だ。2月に配信されたばかりの最新曲だっていうのに、「We are VR friends!」で魅せるパフォーマンスは鮮やかで、オーディエンスのコールもまた見事で。続く「自由に」では、サポートメンバー・片木希依が奏でる鍵盤に導かれ、イントロからハンドクラップの嵐。さらにMeguのラップに、クルクル変わるフォーメーションに、ユニゾンのコーラスにと、もう聴きどころ観どころ踊りどころ満載で。

「今晩ネギネギ~」から始まるいつもの挨拶のあとは、点呼を兼ねてサポートメンバーの紹介。そして最初の意気込みでもチラリ触れられていた『Meguポロリ事件』が紐解かれていく。毎年、お台場で開催されている『TOKYO IDOL FESTIVAL』。念願だった依頼が来るも、地元・新潟の梨の皮剥き大会と重なり断念、涙ポロリ。時を経て出演した際の会場がこのZepp DiverCityで、喜びを噛みしめるMeguの衣装のホックが早々に外れて危うくポロリ。「なので今日はなんの事故もなく、楽しく」って言った瞬間、「えー?!」客席から本音がポロリ。さらにゲストとして呼び込まれた堂島孝平が「僕はポロリありでいきます!」宣言。ジャケットのボタンを外す仕草に、客席からは「おーっ(堂島さんじゃないんすよ~)」という再びの本音がポロリ。

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

「SNSをぶっとばせ」は元彼の結婚をSNSで知った女の子の歌なのだけれど、ケータイに向かってボヤくフレーズを、作者である堂島に歌っていく演出が心憎い。“いやいや、あくまで主役はNegicco様”とばかりにハープ演奏で寄り添い、3人の背中を押す堂島の軽やかさが素晴らしい。そしてしっかり4人仕様のフォーメーションで一緒に踊って、笑って、超楽しい。なのに曲が終わるとスッと素に戻り、憧れのアーティスト・堂島孝平にただただ緊張するKaedeが愛くるしい。その横で奔放にダジャレを繰り出すNao☆さん、やっぱ最高っす。そんなやり取りに目を細めていた堂島が突然切り出した「プロデューサーとしてひとつ失敗だったなと思うことがあって」という告白から、自身が手がけた「愛、かましたいの」に対するコールの提案がなされ、歌う3人がワクワクできて、オーディエンスの演技力を引き出し、結果、全員が主役になれる「愛、かましたいの」がこの日、見事に完成したのでした。

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

しみじみとNegiccoには王道ポップスが似合う。けれど「マジックみたいなミュージック」からのダンスナンバーセクションのクールな表情も断然いい。新潟からのゲスト・SWAMPを迎え、容赦ないラップの応酬でクラブ感を増した「ナターシア」や、メロウに攻め込む「Good Nightねぎスープ」で気持ち良さそうに揺れる無数のネギライトを見ていると、Negiccoというグループの振り幅と奥行きを思い知らされる。中でも「江南宵唄」の力強くもしなやかなダンス、そしてピアノと3人の声だけで手渡された「矛盾、はじめました。」は圧巻だった。まぁ余韻に浸る間もなく、なおなお劇団によるゆるゆるのグッズ紹介が始まっちゃうんですけども(笑)。

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negiccoの中には、14年間、ステージで経験を重ねたプロフェッショナルとしてのNegicco様と、気になるお隣のNegiccoちゃんが共存していて、場面場面で瞬時に入れ替わるからいつも驚かされるし、永遠の謎だし、超クセになるし、最大の魅力なのは間違いなくて。MC中に突然「奥さんが大阪公演に来てくれてましたよね?」なんてピンポイントに話しかけたと思えば、普段ライブでやらない曲をリストアップ、そこから次の曲を決めるルーレットコーナーでは、ひとりのお客さんに掛け声を託した挙句、「どの曲が当たっても全部この人のせいなんで」とか言い張ったり。でもみんなに喜んでもらいたいから、選ばれた「Party on the PLANET」にプラス、ツアーで一度も当たらなかった「あなたとPop With You!」も急遽やっちゃったりするわけです。まるでお馴染みの曲、みたいに完璧に。

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

「圧倒的なスタイル」でのラインダンスはもはや恒例行事。しかし2千人規模のライブハウスで、偶然隣あった者同士が肩を組み、共に声を出し、足を上げる光景は圧倒的で、全身に伝わる床の揺れがなんとも誇らしくて。だからラストナンバー「ねぇバーディア」は目の前のひとりひとりと出会えたことへの感謝の気持ちであり、再会の約束として強く深く響いた。

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

「アンコール」「ネギ!」会場一丸となった熱を帯びた掛け合いに、“もう一度会いたいよ!”って想いに、新曲初披露というカタチで応えるNegicco。しかもその「ともだちがいない!」は、これまでにない8ビートのギターロックサウンドと哀愁を帯びた歌詞が相まって、彼女たちが新たな扉を開ける瞬間に立ち会ったような、希望と不安と決意に溢れた楽曲で。お別れは盛大に!とばかり、「トリプル!WONDERLAND」では会場を覆い尽くすほどの銀テープとカラフルな風船が舞う。めまぐるしいパート分けを経て重なる声の説得力、ソロダンス、そしてスーパーキャッチーなサビの大合唱で大団円。

最後、メンバーの口から語られた正直な気持ち。実はライブハウスを廻るツアーに不安があったこと。だけどそこにはたくさんの学びがあり、充実した時間を過ごしたこと。そしてまだまだやれるぞって思えたこと。全部をギュッと詰め込んで「Negiccoはこれからがスタートなので、皆さん応援よろしくお願いします!」って頭を下げたリーダーのNao☆が頼もしく、笑顔でステージを降りる3人の視線の先には、もっとうんと大きなステージがしっかり見えている気がしたのだ。


取材・文=山本祥子 撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

Negicco『SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~』撮影=草場雄介

 
セットリスト情報
SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~ supported by サトウ食品
2017.4.28(FRI)Zepp DiverCity東京

01. We are VR friends!
02. 自由に
03. SNSをぶっとばせ
04. 愛、かましたいの
05. サンシャイン日本海
06. マジックみたいなミュージック
07. 二人の遊戯
08. ナターシア
09. Good Night ねぎスープ
10. おやすみ
11. 江南宵唄
12.
矛盾、はじめました。
13. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
14. くちびるにメロディ
15. Party On the PLANET
16. あなたとPop With You!
17. 恋のシャナナナ
18. 圧倒的なスタイル
19. さよならMusic
20. ねぇバーディア
<ENCORE>
21. ともだちがいない!
22. ときめきのヘッドライナー
23. トリプル!WONDERLAND

 

ライブ情報
Negicco in 沖縄 2017~コニーの日は沖縄で。~
2017年5月21日(日) Output 沖縄


YATSUI FESTIVAL 2017
2017年6月17日(土)・18(日)渋谷のライブハウス
※Negiccoは6月18日に出演
http://www.yatsui-fes.com/
 
シェア / 保存先を選択