開幕!ミュージカル『グレート・ギャツビー』 井上芳雄の美声に酔いしれること間違いなし~ゲネプロレポート

SPICER
 写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場


5月8日(月)より東京・日生劇場にてミュージカル『グレート・ギャツビー』が上演されている。同日同会場にて初日舞台に先立ち、公開ゲネプロ(総通し稽古)が行われた。

本作は1925年にアメリカで出版された「グレート・ギャツビー」が原作となっている。これまで数多く映画化され、宝塚歌劇でミュージカルとしても上演された名作。音楽はこの公演のために全曲が書き下ろされ、新たな『グレート・ギャツビー』となる。

舞台はニューヨーク。毎晩のように豪華なパーティーを開催していた大富豪のジェイ・ギャツビーの隣の家に、作家志望のニック・キャラウェイが住んでいた。ニックはギャツビーに興味を持ち、ギャツビーのパーティーに参加。徐々にギャツビーの過去を知っていくことに。そして、登場人物たちの様々な想いが巡っていき、物語は悲劇へと向かう。

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

幕が上がりジェイ・ギャツビーのシーンが終わると、その後に多くの出演者が登場するパーティーシーンがある。パーティーともあって、歌とダンスを最初から余すことなく届ける。この壮大なシーンによって観客を『グレート・ギャツビー』の世界観に一気に引き込ませてくれる。

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

主人公のジェイ・ギャツビーを演じるのは井上芳雄。ミュージカル界のプリンスと呼ばれており、これまでに数多くの作品に出演。ミュージカル好きなら1度は名前を耳にする人物だ。プリンスと呼ばれるにふさわしいその美声はこの作品でも健在。井上のソロパートは何度もあり、ソロパートがあるたびにその歌声に酔いしれること間違いないだろう。なかでもアカペラ歌唱はその会場にいるすべての人を魅了してくれる。

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

井上の脇を固める共演者の歌唱も、素晴らしいの一言に尽きる。台詞よりも圧倒的に歌唱シーンが多い作品になっており、歌にダンスにと、これこそまさしくミュージカル作品だというのを見せつけられる。

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

『グレート・ギャツビー』の世界観を表現するための舞台セットも見どころの1つ。そのスケールの大きさに、まるで自分がそこにいるかのような錯覚を起こしてしまうほど。ギャツビーの自宅、バー、ガレージなど、リアリティがあるセットとなっている。なかでもジェイ・ギャツビーとトム・ブキャナンの車は本物と見紛うほどの造り。セットチェンジは多くあり、その度に次のシーンへのワクワク感を感じさせてくれる。

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

写真提供:東宝/梅田芸術劇場

ミュージカル『グレート・ギャツビー』は5月8日(月)~5月28日(月)まで東京・日生劇場、6月3日(土)~6月15日(木)まで名古屋・中日劇場、7月4日(火)~7月16日(日)大阪・梅田芸術劇場、7月20日(木)~7月25日(木)福岡・博多座にて上演される。

取材・文/鈴木 唯

公演情報
ミュージカル『グレート・ギャツビー』
 
■原作:F・スコット・フィッツジェラルド 
■音楽:リチャード・オベラッカー 
■脚本・演出:小池修一郎
■出演:
井上芳雄/夢咲ねね/広瀬友祐/畠中洋/蒼乃夕妃/AKANE LIV/田代万里生 
本間ひとし/渚あき/イ・ギトン/音花ゆり 他 
<東京公演>
■会場:日生劇場 (東京都)
■日程:2017年5月8日(月)~5月29日(月)
■一般発売:2017年2月11日(土)
 
<愛知公演>
■会場:中日劇場(愛知県)
■日程:2017年6月3日(土)~6月15日(木)
■一般発売:2017年2月25日(土)
 
<大阪公演>
■会場:梅田芸術劇場 メインホール(大阪府)
■日程:2017年7月4日(火)~7月16日(日)
■一般発売:2017年3月11日(土)
 
<福岡公演>
■会場:博多座(福岡県)
■日程:2017年7月20日(木)~7月25日(火)

■一般発売:2017年5月13日(土)
■公式サイト:http://www.tohostage.com/gatsby/
 
シェア / 保存先を選択