浦島坂田船、After the Rain、XYZらの競演に1万8000人が熱狂! まふまふ主催『ひきフェス』をレポート

SPICER
まふまふ

まふまふ

画像を全て表示(19件)

『ひきこもりたちでもフェスがしたい!』 2017.5.7(sun) さいたまスーパーアリーナ

略して、『ひきフェス』。このたびGW最終日にさいたまスーパーアリーナにて盛大に行われたのは、まふまふ主催によるその名も『ひきこもりたちでもフェスがしたい!』と冠された、ネットシーンにて人気を誇るアーティストが多数集結した一大イベントであった。

「やばっ! すっげー景色!!」
満杯に詰まった1万8000人のオーディエンスを前に、今宵まずステージ上へと登場したのはオーガナイザーであるまふまふと、そらるによるユニット・After the Rain。ちなみに、前述した感嘆の声を1曲目の「解読不能」の間奏途中に思わずあげてみせたのは、そらるである。

対して、「アイスリープウェル」を2曲目として演奏した際、歓喜の歓声をあげる大観衆をさらに煽るようにして「踊れ、踊れ!!!」とハイテンションなかけ声を発してみせたのは、まふまふ。これまでも彼らは両国国技館をはじめとして、幾つもの大舞台に立ってきているわけであり、このさいたまスーパーアリーナにしても別機会で登壇したことがあったというにせよ、やはり“自分たちのためだけのフェス”となると、よりモチベーションは高くなるもののようだ。

After the Rain

After the Rain

「いやぁー。遂に!のスーパーアリーナですよ。言いたいことはいろいろあるんですが、まだ僕たちも数曲しかやっていないのでね。……っていうか、なんか既にもうちょっと疲れてるかも!? いきなり、ひきこもりの弊害が出てしまっている……(苦笑)」。
そんなまふまふに対し、穏やかな声で「ちょっと大丈夫? ゆっくりしゃべっていいよ。主催者なんだし(笑)」と、そらるがすかさず絶妙な合いの手を入れるあたりは、まさにAfter the Rainならではの独特で微笑ましい空気感そのもの。

「えーと。おかげさまで今回はこの会場を、自分たちと自分たちの友人の力だけで埋めることが出来ました。つまり、この空間には僕たちのことを応援してくれる人たちしかいないわけです。“仲間”しかいないですからね! 今日は思い切り、楽しみましょう!」

ちなみに、この場面でそらるが補足を入れてくれたその発言内容によると、この『ひきフェス』開催に向けてまふまふは各方面との調整や、さまざまな企画立案など、いろいろな形での尽力をしていたそう。

「ほんとに、(まふまふは)今日のためにいろいろと頑張ってましたよね。そのおかげで、こんな夢でも見ないと体験出来ないような素晴らしい景色を、実際にこうしてみせてもらうことが出来ています。ほんと、凄いよ。超気持ちイイです(笑)」

そらる

そらる

なお、ここからの「傾国」と「待ちぼうけの彼方」はまふまふがギタリストに徹し、そらるがソロで歌うというスタイルにてパフォーマンスが行われ、4月にシングルとして世に出た「アンチクロックワイズ」と「桜花二月夜ト袖シグレ」では再びふたりでの最強タッグにて、彼らは1万8000人の聴衆を完全に魅了してみせたのである。

浦島坂田船

浦島坂田船

かと思えば、このあとに舞台上へ颯爽とあらわれたのは浦島坂田船なる4人組。読んで字のごとく、彼らは浦=うらたぬき、島=志麻、坂田=あほの坂田 、船=センラによって構成された歌い手グループで、これまでも幾度となくツアーを行っているばかりでなく、今夏も全国ツアーが決定しているという人気ぶり。ギターロックアレンジの施された「千本桜」に始まり、浦島坂田船としてのオリジナル曲「最強ライバル」、TVアニメ『スタミュ』の第2期OPとしても広く認知されている「SHOW MUST GO ON !!」、アッパーでイケイケな「shouter」など全7曲を見事な団結力をもって披露していく様は実に圧巻だったと言っていい。

うらたぬき

うらたぬき

志麻

志麻

あほの坂田

あほの坂田

センラ

センラ

「ありがとうございました。うまい具合に燃え尽きました!!」
去り際にうらたぬきの残したこの言葉が、そのステージングの素晴らしい完成度を物語っていたことは間違いないだろう。

浦島坂田船

浦島坂田船

なお、ここまで言わば団体戦のようなものが続いてきた中で、このタイミングで単身このフェスへと来臨したのは、その甘い声質が何よりの武器である天月-あまつき-。スリリングでスピード感たっぷりな「DiVE!!」のような楽曲も歌いこなす反面、「愛鍵」では自らエレピを弾き語りしながら優しく繊細な歌声を広い空間に響かせてみせた彼は、やはり聴く者の心に沁みいってくるような歌表現がとても上手い。

天月-あまつき-

天月-あまつき-

百戦錬磨の天月-あまつき-にとって、もはや代表曲といっても差し支えないボカロ曲「ホシアイ」に至っては、さいたまスーパーアリーナ全体をやんわりほっこりとした雰囲気へと染め替えた彼の底力は、ある意味で他の追随を許さないものだったとも言えそうだ。

luz

luz

un:c

un:c

kradness

kradness

とはいえ、このあとを担ったluz率いるXYZがまたなかなかなの猛者揃いであったため、ここからはまた雰囲気が一変。楽曲によってluzのソロというかたちになったり、luz×そらるという組み合わせや、あらき×nqrsekradness×nqrse、あらきソロ、un:cソロ、un:c×kradness……と、半ば乱れ打ちのような形で波状攻撃が展開されてゆく流れは、なんともダイナミック。

XYZ

XYZ

luz

luz

また、我々には目を離す隙が一切与えられることが無いまま、なだれ込むようにXYZのオールメンバーによって最後に歌われた「デリヘル呼んだら君が来た」で、1万8000人がチェンジコールからの通称“ノーサンキュージャンプ”で一斉に飛んでみせた光景は、あまりに痛快だったと言うほかない。

まふまふ

まふまふ

さらに、大トリは「まふまふとひきこもりたち」と銘打った、まふまふがソロだったり、各ボーカリストとコラボしていく展開へ流れていく。ここではまふまふ×天月-あまつき-、まふまふ×nqrseまふまふ×nqrse×luzまふまふ×浦島坂田船まふまふ×そらる×うらたぬき×あほの坂田など、『ひきフェス』ならではのレアでマーベラスな特別編成により、名場面が幾つも生まれたことになる。

まふまふ×luz

まふまふ×luz

そのうえで、このフェスの本編最後を飾ったのはATRの「彗星列車のベルが鳴る」。そして、この曲の前には主催者・まふまふからこのような言葉が来場者へと告げられたことも、ここに付記しておきたい。

「紆余曲折いろいろありましたが、何とか今日という日を迎えることが出来ました。自分ひとりでは全然実力不足だし、ひとりではこんな大舞台でやることは絶対に出来ないと思っていたんですが、こうして今回は素晴らしいチャンスをいただいたうえで、僕たちが育ってきたこの世界に何か恩返しをしたいなと思ったんです。最近は、動画の投稿が減っていたりとか、いろいろあるしね。そんな中、今回は声をかけてみたら皆がすぐに快諾をしてくれたんですよ。そして、これだけたくさんのお客さんたちにも来てもらえました。月並みな表現ですけど、本当にここまで“続けてきて”良かったなと感じています。今日はどうもありがとうございました……!」

しかしながら、まふまふ流のホスピタリティ&オモテナシがこれだけで終わるはずがない。アンコールでは、まふまふも入ったXYZメンバーによる「Secret Answer」、総勢12人のフルキャストで人気曲「脱法ロック」、さらにラストでは、バンドメンバー含め全員が揃いの猫耳を“つけさせられて(笑)”の「すーぱーぬこになりたい」で、ドッタンバッタンの大騒ぎ的な盛り上がりぶりをみせ、結果『ひきフェス』は無事大団円を迎えることに。

ここは、もしも叶うならば。まふまふに、ぜひとも『ひきフェス』第2弾の開催を算段してもらいたいところだ。


取材・文=杉江由紀 撮影=小松陽祐(ODD JOB)、岡本麻衣、小境勝巳

ひきこもりたちでもフェスがしたい!

ひきこもりたちでもフェスがしたい!

 
セットリスト
『ひきこもりたちでもフェスがしたい!』
2017.5.7(sun) さいたまスーパーアリーナ

After the Rain
1. 解読不能
2. アイスリープウェル
3. セカイシックに少年少女
4. 傾国
5. 待ちぼうけの彼方
6. アンチクロックワイズ
7. 桜花ニ月夜ト袖シグレ

 
浦島坂田船
8. 千本桜
9. 厨病激発ボーイ
10. 最強ライバル
11. 太陽系デスコ
12. SHOW MUST GO ON!!
13. Fire◎Flower
14. Shouter

 
天月-あまつき-
15. DiVE!!
16. ミカヅキリサイズ
17. 愛鍵
18. 小さな恋のうた
19. ホシアイ

 
XYZ
20. 一騎当千(luz)
21. え?あぁ、そう。(luz、un:c)
22. フラジール(luz、そらる)
23. 妄想感傷代償連盟(あらき、nqrse)
24. WAVE(kradness、nqrse)
25. エイリアンエイリアン -DIVELA REMIX-(あらき、kradness)
26. ゴーストルール(あらき)
27. チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!(un:c)
28. ギガンティックO.T.N(un:c、kradness)
29. デリヘル呼んだら君が来た(XYZ)

 
まふまふ
30. 罰ゲーム(まふまふ)
31. ベルセルク(まふまふ)
32. 夢のまた夢(まふまふ、天月-あまつき-)
33. ロメオ(まふまふ、天月-あまつき-)
34. ECHO(まふまふ、nqrse)
35. パラサイト(まふまふ、nqrse、luz)
36. REFLEXION(まふまふ、luz)
37. 花鳥風月(まふまふ、浦島坂田船)
38. ぼうけんのしょがきえました! (まふまふ、そらる、うらたぬき、あほの坂田)
39. 彗星列車のベルが鳴る(まふまふ、そらる)
[ENCORE]
40. Secret Answer(まふまふ、XYZ)
41. 脱法ロック(全員)
42. すーぱーぬこになりたい(全員)

 

シェア / 保存先を選択