日独3作家がカメラを手に街へ 『メルセデス・ベンツ アート・スコープ』展

ニュース
2017.5.22
 佐藤時啓『An hour exposure 1990/2017 Tokyo - Shibuya』2017年 写真/2点組

佐藤時啓『An hour exposure 1990/2017 Tokyo - Shibuya』2017年 写真/2点組

『メルセデス・ベンツ アート・スコープ2015-2017─漂泊する想像力』展が、5月27日から東京・品川の原美術館で開催される。

同館とメルセデス・ベンツ日本株式会社が共同で開催する『メルセデス・ベンツ アート・スコープ』は、日本とドイツの現代美術作家の交流を目的とした文化・芸術支援プログラム。日本とドイツの作家が約3か月間ドイツ・ベルリン、東京にそれぞれ滞在するアーティスト・イン・レジデンスやその成果展を実施している。なお同プログラムの前身『アート・スコープ』は、1991年から昨年まで行なわれ、2003年から原美術館がパートナーを務めている。今回から『メルセデス・ベンツ アート・スコープ』に改名。

展覧会では、同プログラムの直近の派遣・招聘作家と、過去の参加作家による新作を発表。写真やモノタイプ、映像インスタレーションが紹介される。いずれの作家も同展に向けた作品制作のためにカメラを持って街に出かけたという。参加作家は昨年ベルリンに派遣された泉太郎、2015年に東京に招聘されたメンヤ・ステヴェンソン、1993年に『アート・スコープ』に参加した佐藤時啓の3人。会期中には泉、ステヴェンソン、佐藤と司会の安田篤生によるトークイベントや、佐藤のワークショップが行なわれる。詳細は原美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択