野村周平が「なんでこんな目にあわなあかんのですか!」と悲痛な叫び 石橋杏奈と繊細な心情を表現した『22年目の告白』本編映像

ニュース
動画
2017.6.14
 (C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

画像を全て表示(2件)

公開中の映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』から、野村周平石橋杏奈に焦点を当てた本編映像の一部が解禁された。

『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、藤原竜也伊藤英明が初共演を果たしたサスペンスエンターテインメント大作。22年前に起きた連続殺人の犯人が時効を迎えてから公の場に現れ、事件の真相を綴った告白本を出版。挑発的な発言や行動でメディアの注目を集めて一大ブームを巻き起こしていく姿を描く。美貌の連続殺人犯・曾根崎を藤原が、曾根崎を追い続ける刑事・牧村を伊藤が演じている。メガホンをとったのは『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠監督。

同作では、22年前の連続殺人の裏側で起きていた、もう一つの知られざる事件も描かれる。牧村の妹・里香が行方不明になっていたのである。劇中では、里香を石橋杏奈が、里香の恋人・拓巳を野村周平が演じている。今回解禁されたのは、この里香と拓巳の関係が明らかになる重要なシーンの一部だ。

1995年、里香は神戸で看護師として働いていたが、阪神淡路大震災で家を失い、拓巳とともに、連続殺人事件の捜査中であった兄の牧村がいる東京に引っ越してくる。映像では、震災によって精神が不安定になっていた里香に対し、彼女を支えていく決意をした拓巳がプロポーズする一幕が収められている。その後、里香が行方不明となり、拓巳が牧村を前に「里香にあげた指輪、ここで見つけたんです。里香だけが見つからん」「なんでこんな目にあわなあかんのですか!」と悲痛な声で叫ぶシーンも登場。果たして、曾根崎の連続殺人事件と里香の失踪には一体どんな関わりがあるのか。

 

婚約者を失い深い悲しみに暮れる青年・拓巳を演じた野村は、「愛する人を失うという悲しみを自分に置き換えて考え演じました。入江監督とは2度目だし、ちゃんとやらなきゃ 怒られると思ったので(笑)。死ぬ気で頑張りましたね」と撮影を振り返る。また、恋人役の石橋とは2013年のドラマ『ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち~』(WOWOW)以来2回目の共演。同作では、野村は一方的に石橋に好意を寄せる役だったため、「今回は恋人役なのでやっと両想いになれました(笑)」と心境を明かしている。撮影は昨年2016年の夏、冬服を着込み冷房もない部屋で、暑い過酷な環境の中行われたという。石橋は震災により不安定な気持ちで、プ ロポーズを受けても「自分だけが幸せになっていいのか……」と葛藤する役どころ。微妙な心情を表現する難しい演技を要求されたが、野村とは以前共演したこともあり、和やかな雰囲気で撮影できたという。 兵庫県神戸市出身の野村が、被災者の複雑な心情をどう表現したかにも注目だ。

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』は公開中。

作品情報
映画『22 年目の告白-私が殺人犯です-』
(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

監督:入江悠
脚本:平田研也、入江悠

出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル
Based on the film “Confession of Murder” 
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/
(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会
シェア / 保存先を選択