太一とヤマトが高校生になって再びデジタルワールドへ! 舞台『デジモン』のビジュアル撮影現場に潜入

ニュース
動画
舞台
アニメ/ゲーム
2017.7.2

画像を全て表示(6件)

2017年8月5日よりZepp ブルーシアター六本木にて上演される『超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」』の第2弾ビジュアル撮影が6月某日おこなわれた。

現場では、“選ばれし子どもたち”である八神太一役の松本岳と、石田ヤマト役の橋本祥平が学生服姿で撮影に臨んでいた。

超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」

超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」

超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」

超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」

まだまだやんちゃそうな笑顔で肩を組む太一に冷静に対応するヤマト。撮影中のカメラに向ける2人の瞳には、太一の中の“赤い情熱”、ヤマトの中の“青い情熱”が見える。幼少時にTVで『デジモン』のアニメを見ていたという“デジモン世代”の松本と橋本は、当時より成長したキャラクターたちを演じるにしても自身の演じるキャラクターの性格が掴めているように感じた。

超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」

超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」

超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」

超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」

撮影は、立ったり座ったりもたれかかったり。様々なポーズ、立ち位置、距離感でシャッターがきられていく。この2人の撮影の前後には、他キャストのビジュアル撮影も行われていた。限られた時間で、写真だけで、キャラクターらしさを出さなければいけない緊張の現場で彼らは太一とヤマトになっていた。

八神太一役:松本岳、石田ヤマト役:橋本祥平

八神太一役:松本岳、石田ヤマト役:橋本祥平

ビジュアル撮影後にはインタビュー取材も実施されており、撮影では寡黙でクールなヤマト役を演じていた橋本も笑顔でインタビュアーの質問に答える。ここからはSPICE撮り下ろしのインタビュー動画をお届けする。

取材・撮影=鈴木ケースケ

公演情報
超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」

公演日程:2017年8月5日(土)~8月13日(日)
会場:Zepp ブルーシアター六本木
 
制作: ポリゴンマジック
主催:舞台「デジモンアドベンチャー tri.」製作委員会
(東映アニメーション、ポリゴンマジック、イープラス)

<チケット情報>
一般発売:7月2日(日)10:00~
チケット価格:¥7,800(税込/全席指定)
※未就学児童入場不可

舞台公式サイト:http://digimon-stage.com
舞台公式 Twitter:@digi_stage

 

 

シェア / 保存先を選択