LSN 1stワンマンの意表をつく展開「“バカじゃないの?”って思われることもやっていきたい」

レポート
2017.6.22
LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE 撮影=にしゆきみ

LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE 撮影=にしゆきみ

画像を全て表示(13件)

LSN『BIRTHDAY』
2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

「LSNは、“バカじゃないの?”って思われることもやっていきたい」。ライブのアンコール。フロントに立ち、マイクを握ったRUKA(Dr)はMCのなかでそう告げていた。現在、活動休止中のNIGHTMAREのRUKAが行なっているソロプロジエクト・LSNが6月18日に東京・新宿BLAZEで開催した1stワンマンライブ『BIRTHDAY』を観た。まずは下記のセットリストを見て欲しい。

本編のなか、同じセットリストが繰り返されている。LSNがこれまでワンマンをやらず、なぜあんなにBiSHとのツーマンを積み重ねてきたのか。その理由が、この日やっと分かった。RUKAに、まんまとやられた。BiSHとやってきたツーマンは、ここではあくまでも豪華すぎる“伏線”という位置付け。それをものの見事に回収しつつ、さらにそれをブラッシュアップして紐解いていくようなライブのストーリー展開に意表をつかれまくったステージだった。

RUKA/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE 撮影=にしゆきみ

RUKA/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE 撮影=にしゆきみ

客電が落ち、「BELIAL」が流れると、RUKAが真っ先にステージに登場。他のメンバーがスタンバイすると、RUKAがシンバルを4発叩き「かみさまのいうとおり?」のイントロが炸裂。揺紗(Vo)をはさんでShinobu(G)、Sugiya(B)、齋藤紳一郎(G)がフロント最前まで飛び込んでくる。オーディエンスもさっそく髪を振り乱して頭を振り回し、LSNに食らいついていく。Shinobuのサイケデリックでキャッチーなギターフレーズに彩られる「CRAZY CRAZY」では、ファンがまず楽しそうに左右に揺れ出した。パートごとに異なったフリが始まると、それがたちまちフロアの隅々まで広がり、斎藤の“ウォーオーオー”のコーラスの後押しもあって、盛り上がりは渦を巻いて加速。続けて「Monsters inc,」では序盤から猛スパートをかける。この曲は昨年からライブで演っていたこともあって、観客たちは曲の“キメ”ごとに頭を振ったり左右に揺れたり拳を突き上げるなど、フロアで凄まじい一体感を放ちながら会場を揺らしていった。

Shinobuが哀愁感漂うギターの音を沁み渡らせるように弾いて「haze」が始まると、さっきまでの楽しいムードは突如一転。RUKAがNIGHTMARE時代から一貫して描いてきた、暗く湿っぽい憂いを持った旋律にしばし体をゆだねる。その後、「ソナタ」で疾風怒濤の畳み掛けに入る。照明がバーンと明るくなり、今度は開放感ある爽快なメロディーでフロアを笑顔へと導いていった。

LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

ここまで最新ミニアルバム『≠』の曲順通りにライブを進めてきたLSN。曲が終わり、照明が暗くなると、ステージにメンバーがスタンバイしているにも関わらずカセットテープの巻き戻し音のような音が突然流れ出し、フロアには“これはミスなのでは?”というような不穏なムードが漂い始める。それを一蹴するように、さっきオープニングを飾ったばかりの「かみさまのいうとおり?」を再びプレイし始めたのだ。それを観て「ムムム……。もしやこれは同じ曲のセットを延々繰り返す無限地獄の始まりなのでは?」という仮定がすぐさま脳裏をよぎる。ということは、次もさっきと同じ「CRAZY CRAZY」がくるはずだと誰もが予想しただろうそのとき、RUKAはSugiyaを伴ってジャジーなインタールードを突然ぶっ込んできた。えっ!? アレ!? とオーディエンスが戸惑い始めたところで「CRAZY~」へ。RUKAが仕掛けたこのトラップでオーディエンスに火がつき、フロアは1回目の「CRAZY~」とは比べものにならないほどの勢いで狂乱を巻き起こしていく。

揺紗/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE 撮影=にしゆきみ

揺紗/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE 撮影=にしゆきみ

Shinobu/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

Shinobu/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

齋藤紳一郎/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

齋藤紳一郎/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

Sugiya/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

Sugiya/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

「お前ら頭振ってこいっ!」と揺紗が激しく煽って始まった2回目の「Monsters Inc,」からは、バンドもオーディエンスに負けない熱いパフォーマンスを繰り広げ、曲中興奮した齋藤が「頭、頭!」と絶叫してみせる。揺紗が歌で気持ちを昂らせていった「haze」のあとは、明るく「ソナタ」でフィニッシュ。同じ曲順でも、メンバーも観客も1回目とは明らかに違うテンションで楽しめた2回目。だが、そんな思いに浸っている暇もなく、またもやステージ上が暗転。巻き戻し音が再び会場に響きだすと、不吉な予感が広がる。

LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

このあと「かみさまのいうとおり?」のイントロが始まり、“あぁ……”というため息がオーディエンスから漏れ、無限ループ突入を誰もが覚悟したそのとき。曲はしなやかに「Cruel」へとシフト。またもやRUKAが仕掛けたトラップに引っかかってしまったオーディエンスは、この日一番の激しさを記録したヘドバンで大暴れ。RUKAお得意の昭和メロ満載の「SIX NINE」、「お前らの声、全部届けてくれ!」と揺紗が叫んで「NISD」、そこからツインギターのハモが映える「PARTY」で勢いをつけたまま、最後は『≠』のラスト曲「DARK KNIGHT」へ。ここでは、NIGHTMAREの「Star[K]night」と同じように手を振るフリにジンとしながら、本編は終了。

LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

本編終了と同時にいつもの通りに真っ先にステージからいなくなったRUKAが、アンコールではマイク片手にステージのフロントに登場。悲鳴をあげるファンの大拍手に迎えられ「こんにちはー」と挨拶したRUKAは、まず「2回目の巻き戻しが始まったとき、場内から失笑が起きたから“やったー!”と思った」と本編の感想を伝えた。そして、これからのLSNの予定として「やっとワンランクアップして、LSNでワンマンツアーをやります。希望としては年内に」と宣言。そこで揺紗が「ゲストを呼んできまーす!」といって舞台袖へ移動。その後、なんとA9DIAWOLFの将(Vo)が、大きな赤いバラの花束を抱て舞台にやってきた。続いて揺紗が、大きなイチゴが乗ったケーキを持って現われ、RUKAのバースデーサプライズがスタート。ケーキに乗っかったイチゴを1つ口に入れたあと、将から花束を渡されRUKAは「ヴィジュアル界の木村拓哉」と将のことを紹介し、「8月9日に代官山UNITでDIAWOLFとツーマンやります」と伝えファンを驚かせた。

将(A9,DIAWOLF)、揺紗、RUKA/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

将(A9,DIAWOLF)、揺紗、RUKA/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

「RUKAさんは僕がバンドをやり出して、初めてできた兄貴です」と将にいわれ、まんざらでもなさそうな表情を浮かべたRUKAは「そういえば、昔チャリンコで2ケツしたな」と将と笑い合いながら、2人の仲の良さがうかがえる微笑ましいエピソードを披露。「でも、こんなに長く仲良いのにツーマンやるのは初めて」だと明かした。

将を見送った後は、LSNのアンコールについて「基本やらないつもりです。やっても曲は1~2曲しか用意しない。あとは、本気で求めてくれれば何回でもやりたい。同じ曲ばっかりかもしれないけど(笑)」と伝えた。この後のアンコールでLSNがパフォーマンスしたBiSのカバー「Fly.」も、今後行なわれるBiSとの2マンへの伏線なのかもしれない。そして、この後「怪」で1回目のアンコールを閉めると、「アンコール」がかかる前にRUKA主導で再び「怪」をプレイ。その後、客席から「アンコール」がかかり、真っ先に舞台に戻ってきたRUKAはメンバーに指示を出して3回目のアンコールは「DARK NIGHT」を演奏。その後、終演を告げるアナウンスが告げられてもアンコールが止む気配がなかったため、最後にはなんとRUKAが影アナで「今日はおしまい。また、やろう!」と自らファンに伝えて、ライブは幕を閉じた。

RUKA/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

RUKA/LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

このワンマンの翌日、RUKAからSPICE編集部宛に以下のコメントが到着した。

「個人的に1度やってみたいセットリストではあったんですが、ブーイングがきたらどうしようとヒヤヒヤしてました(笑)。昔、自分がいちファンとして観に行ったライブで、自分の好きな曲が最初のほうに終わってしまって“もう1回聴きたいな”って思ったことがあったので、今回は巻き戻しさせてもらいました。あとは、巻き戻されるたびに少しづつ変わる、みたいなところは、僕の好きなアニメ『Steins;Gate』の“世界線変動”を少しイメージしてみました。LSNはこういった実験もいろいろ試していきたいですね。ミスやトラブルなどはあったにせよ、ひとまず公の初ワンマンが無事終わって良かったです」(RUKA)

ムムッ……。LSNがBiSHとのツーマンで生み出したものだけではなかったのか。そこに『Steins;Gate』の世界線変動もアレンジされて、あの日のワンマンのストーリーは構築されていたのだ。ライブ中、揺紗はいっていた。「僕はRUKAさんの“センス”に惚れている」んだと。この後、DIAWOLF、さらにはBiSとのツーマンを開催するLSN。これらのツーマンにRUKAが仕組んでくる様々なセンスあるトラップが、次のLSNのワンマンツアーの伏線になるのかと思うと、ツーマンのほうも見逃せない。


取材・文=東條祥恵 撮影=にしゆきみ

LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

LSN『BIRTHDAY』2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

 
セットリスト
LSN『BIRTHDAY』
2017.6.18(SUN)新宿BLAZE

01. かみさまのいうとおり?
02. CRAZY CRAZY
03. Monsters inc,
04. haze
05. ソナタ
06. SE-rew-
07. かみさまのいうとおり?
08. CRAZY CRAZY
09. Monsters inc,
10. haze
11. ソナタ
12. SE-rew-
13. Cruel
14. SIX NINE
15. NISD
16. PARTY
17. DARK NIGHT
<ENCORE>
18. Fly.
19. 怪
20. 怪
21. DARK NIGHT

 

ライブ情報
LSN VS DIAWOLF 2マンライブ『demoniac』
8月9日(水)代官山UNIT OPEN 18:00 / START 18:30
[前売]¥6,000(消費税込み)ドリンク代別途
[当日]¥7,000(消費税込み)ドリンク代別途
【オフィシャルホームページ先行】
受付期間:6月18日(日)22:00~6月25日(日)23:00 
http://eplus.jp/demoniac/
【チケット一般発売日】
2017年7月1日(土)10:00~
info:KM MUSIC 045-201-9999

BiS vs LSN PSYCHO KiLLERS
2017年8月26日(土) 大阪・OSAKA MUSE OPEN 16:30 / START 17:00
2017年8月27日(日)名古屋・ElectricLadyLand OPEN 16:30 / START 17:00
2017年8月30日(水)仙台・CLUB JUNK BOX OPEN 18:30 / START 19:00
2017年9月3日(日)東京・新宿BLAZE OPEN 16:00 / START 17:00
[前売]スタンディング:¥6,000(tax in)ドリンク代別
[当日]スタンディング:¥7,000(tax in)ドリンク代別
※3歳以上有料 3歳未満入場不可
【チケット一般発売日】
2017年7月1日(土)
 

 

リリース情報
ミニアルバム『≠』(not equal)
2017年4月19日発売
RMSC-001 ¥2500+税
<収録曲>
1.かみさまのいうとおり? 作詞 作曲 RUKA
2.CRAZY CRAZY 作詞 作曲 RUKA
3.Monsters inc. 作詞 作曲 RUKA
4.haze 作詞 作曲 RUKA
5.ソナタ 作詞 竜宮寺育 作曲 RUKA
6.DARK NIGHT 作詞 作曲 RUKA

 

シェア / 保存先を選択