ロバート・デ・ニーロも学んだ本場NYの演劇ワークショップが都内で開催決定&受講者の募集開始

ニュース
2017.6.27
『ステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティング』

『ステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティング』

画像を全て表示(2件)


ロバート・デ・ニーロやマーロン・ブランド等、多くのハリウッドスターを輩出したニューヨークの演劇学校『ステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティング』(以下SAS)の演劇ワークショップが12月13日(水)〜22日(金)に都内で開催されることが決定し、本日6月27日(火)18:00より受講者の募集が開始された。

女優の長谷川京子や新垣結衣らが所属するレプロエンタテインメントが、合同会社ドリームシーズとの提携のもとSASから講師を招聘し、実現した今回のワークショップ。演技の構造をゼロから習得できる”レギュラークラス”と、現場で必要とされるテクニックを学べる”プロフェッショナルクラス”の2種類に分け、各クラス15〜30名の受講者を募集する。なお、今回の募集はプロ・アマ問わず応募可能となっている。

場所はレプロが新設したワークショップスタジオ「銀座九劇アカデミア」にておこなわれ、同スタジオでは“プロフェッショナル”を育む場として、今後も未来のアーティストやクリエイターの育成となるようなワークショップやイベントを多数開催していく予定だ。

ロン・バラス

ロン・バラス

この度発表された演劇ワークショップは、SASの主任講師であるロン・バラスが、俳優および俳優を志す人々に向けて演技指導を行なうというもの。ロン・バラスは、ステラ・アドラーが提唱した演技理論を現代に受け継ぐ最も優れた指導者で、今回のワークショップを皮切りに日米交換留学プログラムや舞台公演プロジェクトなどの芸術活動の展開も視野に入れている。

ワークショップの詳細や申し込み方法については、「銀座九劇アカデミア」のホームページをチェックしてほしい。

ワークショップ情報
『ステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティングin銀座九劇アカデミア』
会場:銀座九劇アカデミア
日程:2017年12月13日(水)〜22日(金)
参加人数:各クラス15名〜最大30名
※クラス詳細・応募方法は『銀座九劇アカデミア』HP参照

<レギュラークラス>
参加費:108,000円
12月13日(水)18:00〜21:00
12月14日(木)18:00〜21:00
12月16日(土)18:00〜21:00
12月18日(月)18:00〜21:00
12月19日(火)18:00〜21:00
12月20日(水)18:00〜21:00
12月22日(金)13:00〜16:00
<プロフェッショナルクラス>
参加費:162,000円
12月13日(水)11:00〜17:00
12月14日(木)11:00〜17:00
12月15日(金)11:00〜17:00
12月16日(土)11:00〜17:00
12月18日(月)11:00〜17:00
12月19日(火)11:00〜17:00
12月20日(水)11:00〜17:00
12月21日(木)11:00〜17:00
 
<銀座九劇アカデミア>
所在地:東京都中央区銀座1-28-15鈴木ビル2階&中3階
問い合わせ先:03-5759-8009
https://asakusa-kokono.com/academia/
シェア / 保存先を選択