のんが被写体 藤代冥砂撮影の写真展『東中野』会場風景がウェブで限定公開

ニュース
2017.7.1

のんがモデルを務めた写真展『藤代冥砂アパート写真展「東中野」主演 のん Presented by Robot Home』の様子が特設サイトで公開されている。

6月29日まで東京・東中野で開催されていた同展。カメラマンの藤代冥砂がのんをモデルに迎えた写真作品や映像作品を展示した。入場予約には約1100人が申し込んだという。特設サイトでは、同展の開催風景を期間限定で公開。会場となった新築アパートの室内で作品が展示されている様子を見ることができる。

藤代冥砂は雑誌、広告、ファッション、グラビアといった分野で活動しながら、小説の執筆なども行なっているカメラマン。展覧会開催前に発表されたコメントで、のんは撮影時の様子について、「藤代冥砂さんに撮っていただくのは2回目でした。冥砂さんは不思議な方で、初めてお会いした前回の時から私は何の気負いもなく撮影に入れました。今回も気負わず自由に漂って、とても楽しい撮影でした」と語っていた。一方の藤代冥砂は、「出来上がった写真には、別の星から落ちてきた人がいました。久し振りに驚きました。心から」と述べている。なお展覧会の会場は、会期終了後に通常のアパートとして入居者が生活すると発表されていた。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択