渋谷・原宿・表参道がピクセルアートだらけに! 『SHIBUYA PIXEL ART2017』が開催

ニュース
2017.7.6

画像を全て表示(3件)

2017年7月16日(日)〜7月31日(月)の16日間、渋谷・原宿・表参道界隈にて、ピクセルアートの祭典『SHIBUYA PIXEL ART 2017』(SHIBUYA PIXEL ART)が開催される。

『SHIBUYA PIXEL ART』は、「シブヤクを、マシカ区に」をスローガンにしたアートイベント。かつて、「Bit Valley(ビットバレー)」と呼ばれていた渋谷を舞台に、1980年代以降のアートシーンやファッション、カルチャーにスポットを当て、クリエーターの「表現の場」「実験の場」となることを目指して開催される。

 会期中は、国内外で活躍する8人のアーティストが七福神ならぬ「SHIBUYA 八福神」を描き、それらが街のいらたるところにピクセルアートとして展開される。参加者は、渋谷駅と原宿駅を八の字に描く「SHIBUYA 八福神」をまわり、御朱印帳にスタンプやアーティストのサインを集めながら、街歩きとアートラリーを楽しむことが可能だ。

7月16日(日)の開催に先駆け、「SHIBUYA 八福神」の巡礼スポットのひとつであるLINE FRIENDS STORE 原宿が、7月1日(土)よりショーウィンドウやウォールがピクセルラッピングされている。LINE FRIENDSのブラウンやコニーなどのキャラクターがマシカクに変身した様子をみることができる。また、渋谷ロフトでは、7月19日(水)から1階の間坂ステージで「ピクセル祭り」が開催されるとのこと。

『SHIBUYA PIXEL ART 2017』公式サイト:http://pixel-art.jp/

 

シェア / 保存先を選択