プロフェッツ・オブ・レイジ、ホームレスや貧困の問題に物申す新曲「Living On The 110」をリリース

ニュース
2017.7.14
プロフェッツ・オブ・レイジ

プロフェッツ・オブ・レイジ

画像を全て表示(2件)

プロフェッツ・オブ・レイジが9月15日にリリースするデビューアルバム『プロフェッツ・オブ・レイジ』からの新曲「Living On The 110」をリリースした。

プロフェッツ・オブ・レイジは、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとパブリック・エナミー、サイプレス・ヒルのメンバーにより結成されたスーパーバンド。アルバムのプロデューサーにはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの名盤『イーヴィル・エンパイア』や『バトル・オブ・ロサンゼルス』を手掛けたブレンダン・オブライエンを起用している。

なお、バンドは昨年の夏に行われた全米ツアー『Make America Rage Again Tour』の売上の一部を、ホームレス問題に対しての啓蒙の為に寄付している。

■トム・モレロ コメント
この曲はホームレスの問題に焦点を当てた曲なんだ。LAにある高速道路"110"の橋下には1000人以上のホームレス達が生活している。ベントレーやロールス・ロイスなどの高級車が貧困にあえぐ人達の上を走り抜けている。現代の問題点であるグロテスクな経済的不平等を表したものなんだ。

■Bリアル(サイプレス・ヒル) コメント
「Living On The 110」は絶え間なく貧困の問題が蔓延しているこの世の中に対して目を開くように促す曲なん
だ。


新曲「Living On The 110」の配信リンクはこちら

 

リリース情報
『Prophets of Rage (プロフェッツ・オブ・レイジ)』
プロフェッツ・オブ・レイジ

プロフェッツ・オブ・レイジ

発売日:2017/9/15 (金) (輸入盤/デジタル配信:予約受付中)
レーベル:Fantasy Records / Hostess
輸入盤定価:オープン・プライス
*国内盤の詳細は後日発表致します。
<トラックリスト>
1   Radical Eyes
2   Unfuck The World
3   Legalize Me
4   Living On The 110
5   The Counteroffensive
6   Hail To The Chief
7   Take Me Higher
8   Strength In Numbers
9   Fired A Shot
10  Who Owns Who
11  Hands Up
12  Smashit
シェア / 保存先を選択