藤田嗣治展と日比野館長のイベントが「岐阜県美術館」で

レポート
2015.9.20
 『小さな藤田嗣治展』展示風景

『小さな藤田嗣治展』展示風景

初公開のフジタ小品展と、日比野克彦館長ディレクションイベントが同時開催

<エコール・ド・パリ>を代表する日本人画家・藤田嗣治(1886-1968)の日本初公開作品を紹介する展覧会と、今年の4月から館長を務める日比野克彦によるディレクションイベントが「岐阜県美術館」で開催されている。

おかっぱ頭にロイド眼鏡という特徴的なビジュアルでも知られる藤田嗣治(晩年フランスに帰化し、カトリックの洗礼を受けてレオナール・フジタに)は、モディリアーニやピカソ、キスリングなど並みいる画家仲間たちとともに20世紀初頭のパリで活躍。細く滑らかな漆黒の線と、タルクを使った乳白色による肌の表現を特徴とした作品で“パリ画壇の寵児”ともてはやされ、今なお海外で最も知られた日本人画家として人気を博している。

独自の乳白色が生かされた<裸婦>や数々の<自画像>をはじめ多くの作品が残されているが、『小さな藤田嗣治展〜レオナール・フジタからの贈り物』と題した今展では、知られざる小品をメインに据えている。その名のとおり手のひらに収まるほど小さな絵の数々は、自宅兼アトリエに飾られていたという極めてプライベートなものだ。フランス国籍を取得した60代後半頃に、展覧会への出品のためでも依頼画でもなく、妻・君代のためだけに描いた作品で、日本の美術館で公開されるのは今回が初となる。

また、藤田が愛してやまなかった猫の作品ばかりを集めた<猫>コーナーが設置され、猫の写真を持参すると観覧料が100円引きになる「猫フォト割」が(写真は特設コーナーに掲示され返却不可)。さらに今秋公開の映画『FUJITA』(オダギリジョー主演)とのタイアップ企画として、映画の前売り券を持参するとこちらも観覧料が100円引きになる「FUJITA割」も実施している。

来館者が持参した猫フォトと映画『FUJITA』を紹介する特設コーナー

来館者が持参した猫フォトと映画『FUJITA』を紹介する特設コーナー

このほか、<女性像>や晩年の<こども>シリーズなど、その系譜をたどる100点以上の作品によって藤田の魅力を堪能することができる。そしてこの藤田展よりひと足先に始まったのが、『アートまるケット 日比野克彦ディレクション「花は色の棲家」』だ。“アートまるケット”とは、「地球をアートまるけ(だらけ)にしたい」「アート性の高いマルシェ(市場)のようにしたい」という思いのもと、日比野が以前から岐阜県内で行ってきたプロジェクトのこと。今回の「花は色の棲家」では、樹木と県材の木材を組み合わせ、花をインスタレーションした「色の棲(す)」を美術館の庭に出現させた。

「色の棲」には約45種類の草花が植えられ、その成長とともに変化していく様を鑑賞できる

「色の棲」には約45種類の草花が植えられ、その成長とともに変化していく様を鑑賞できる


歩いて巡ることができる内部には、花に関する日比野のひと言が書かれたプレートが随所に

歩いて巡ることができる内部には、花に関する日比野のひと言が書かれたプレートが随所に

このプロジェクトは、岐阜県立森林文化アカデミー、岐阜県立国際たくみアカデミー、岐阜県立国際園芸アカデミー、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)等の教員や学生の協力によって進められ、期間中はさまざまなイベントやワークショップを展開。日比野館長も、のべ8日間にわたって「色に関する100の指令」というワークショップを行い、開幕日の9月5日(土)にはその第1回が催された。

「色に関する100の指令」ワークショップの様子

「色に関する100の指令」ワークショップの様子


多くのファミリーや岐阜県のゆるキャラ「ミナモ」も参加

多くのファミリーや岐阜県のゆるキャラ「ミナモ」も参加

この日のワークショップは、色水と紙を使ったオリジナルの花づくり。親子連れが多く参加していたが、作業が始まると大人達も熱中。子どもと一緒に童心にかえって楽しんでいたようだった。出来上がった花は「色の棲」に飾られ、自然の草花とあいまって増殖したり変化していくので、会期中たびたび訪れて楽しむのもおすすめだ。館長とともにアート体験ができる「色に関する100の指令」は、12月まで残り計6回を予定。ほかにも美術館の内外で行われる多彩なイベントやワークショップは参加費・予約ともに不要のものがほとんどなので、HPで詳細を確認のうえ気軽にご参加を。

色水に紙を浸すと、ぼんやりとにじんで美しい花びらに!

色水に紙を浸すと、ぼんやりとにじんで美しい花びらに!


館長自ら丁寧にレクチャー

館長自ら丁寧にレクチャー


「つくった花の名前を考えて書こう」という課題に、子ども達も真剣

「つくった花の名前を考えて書こう」という課題に、子ども達も真剣


彫刻作品が点在する庭内の散策も楽しみたい「岐阜県美術館」

彫刻作品が点在する庭内の散策も楽しみたい「岐阜県美術館」

イベント情報
小さな藤田嗣治展〜レオナール・フジタからの贈り物 
アートまるケット 日比野克彦ディレクション「花は色の棲家」

会期:
『小さな藤田嗣治展』2015年9月11日(金)〜11月1日(日)
『花は色の棲家』2015年9月5日(土)〜12月13日(日)
会場:岐阜県美術館(岐阜市宇佐4-1-22)
開館時間:10:00〜18:00(9/18(金)、10/16(金)、11/20(金)は20:00まで) ※入場は閉館30分前まで
休館日:月曜(ただし9/21、10/12、11/23は開館)、9/24(木)、10/10(土)・13(火)、11/24(火)
観覧料:一般700円、大学生500円、高校生以下無料  ※「花は色の棲家」は無料
アクセス:JR「岐阜」駅前6番出口または名鉄「岐阜」駅南口1番乗場から岐阜バス加野団地線で約15分、「県美術館」下車すぐ  
岐阜県美術館 公式ホームページ:http://www.kenbi.pref.gifu.lg.jp
シェア / 保存先を選択