間宮祥太朗がこだわりの半裸・刺青姿に 小林勇貴監督『全員死刑』場面写真&メイキング画像を一挙解禁

ニュース
2017.8.7
 (C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会

画像を全て表示(10件)

間宮祥太朗主演、小林勇貴監督の映画『全員死刑』が2017年11月18日(土)に公開されることが決定した。あわせて、同作の場面写真が多数解禁されている。

(C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会

『全員死刑』は、静岡県富士宮市で実際に起きた事件の数々をもとに、本物のヤンキーを出演させてバイオレンス映画『孤高の遠吠』を撮り上げた小林勇貴監督の最新作。俳優・間宮祥太朗が映画初主演を果たした作品でもある。2004年に福岡県大牟田で発生し、被告の家族4人全員に死刑判決が下った‟大牟田4人殺害事件”を、現在も死刑囚として服役中の被告家族の次男が記した手記をモチーフに映画化している。

(C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会

同作は、借金を抱え困窮した生活を送っていたヤクザ一家の4人が、近所の資産家の金を奪おうと無謀な計画を立てることから始まる。資産家一家の1人を殺害したことをきっかけに、ヤクザ一家は連続殺人へと狂い咲いて行く。間宮が演じているのは、主人公の次男・タカノリ。長男・サトシを『ケンとカズ』で2016年スポニチグランプリ新人賞を受賞した毎熊克哉が、その父を六平直政が、母を入絵加奈子が、タカノリの彼女を清水葉月が演じている。

(C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会

公開された場面写真は、背中から胸にかけて刺青を入れたタカノリの半裸姿など9点。間宮だけでなく、毎熊や六平らの狂気を宿した表情や立ち姿も明らかになっている。また、間宮の体に刺青を書き入れるメイキング写真も同時に公開。刺青の入れ方には、『孤高の遠吠』などで取材を重ねてきた小林監督のこだわりが詰まっているという。

メイキング (C)2017「全員死刑」製作委員会

メイキング (C)2017「全員死刑」製作委員会

映画『全員死刑』は2017年11月18日(土)全国ロードショー。

作品情報
映画『全員死刑』
(C)2017「全員死刑」製作委員会

(C)2017「全員死刑」製作委員会


監督・脚本:小林勇貴
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子
清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき
原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊)
脚本:継田淳
音楽:中川孝
配給 :日活/東京テアトル
公式サイト:http://shikei-family.jp/
(C)2017「全員死刑」製作委員会
シェア / 保存先を選択