8月31日のW杯アジア最終予選オーストラリア戦 「必勝」願いパブリックビューイングが各地で開催

ニュース
2017.8.16
サッカーW杯アジア最終予選もいよいよ決戦の日を迎える

サッカーW杯アジア最終予選もいよいよ決戦の日を迎える

画像を全て表示(2件)

サッカーW杯アジア最終予選もいよいよ大詰め。日本代表は本選出場を賭けて、8月31日(木)にオーストラリアと埼玉スタジアム2〇〇2で対戦する。

現在、日本は最終予選グループBで勝ち点17のトップ。しかし、勝ち点1差でサウジアラビアとオーストラリアが追ってきており、けっして楽観はできない状況だ。しかも、日本の対戦相手は8月31日(木)がホームでオーストラリア、9月5日(水)(※現地時間)がアウェーでサウジアラビアとライバルとの直接対決が残っている。

日本はあと1勝(勝ち点3)を積み上げれば、グループ2位以上が確定し本選出場が決まる。だからこそ31日のホーム・オーストラリア戦は勝って最終戦を迎えたいところだ。もし引き分け以下で最終戦を迎える場合、スケジュールがタイトなうえに中東への遠征となり、しかもアウェーの洗礼まで受ける可能性がある。

大勢で日本を応援したいという人のために、東京、大阪、愛知、広島など各地でパブリックビューイングも実施される。日本の「必勝」を願って、パブリックビューイングで大勢の人と勝利の喜びを分かち合いたい。

残すは8月31日のオーストラリア戦と9月5日のサウジアラビア戦の2戦を残すのみ

残すは8月31日のオーストラリア戦と9月5日のサウジアラビア戦の2戦を残すのみ

イベント情報
W杯アジア最終予選 日本vsオーストラリア パブリックビューイング

日時:8月31日(水)
会場:Zepp DiverCity TOKYO (東京都)、Zepp Namba (大阪府)、旧広島市民球場跡地 (広島県)、パロマ瑞穂スタジアム (愛知県)、 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 (岐阜県)

 
シェア / 保存先を選択