うれしはずかし?市民の顔で彩られた高松の特別電車


高松琴平電気鉄道は、商業施設「瓦町FLAG」の10月23日(金)のグランドオープンに先立ち、PRキャンペーンとして、特別ラッピング電車「FLAG号」を運行中だ。高松琴平電気鉄道は、この「FLAG号」を皮切りに、各種PRを展開しながら高松の中心市街地を盛り上げる予定。

この特別電車「FLAG号」~瓦町FLAGがことでん電車をジャック~は、“かわら、かわる。”というテーマのもと、オリジナルのラッピングや車内ポスターが、ことでん電車をジャック。事前の撮影会に参加した、香川県在住者をはじめとする総勢100名以上の「顔」が電車側面を飾っている。同車両は現在、高松市内で運行中だ。また、ことでん沿線各駅にはオープン記念ポスターも掲出され、香川の街をにぎやかに盛り上げている。

「瓦町FLAG」は、香川県のターミナル駅である瓦町駅直結、地上11階建ての商業施設として、10月23日(金)オープン予定。香川初出店のテナント39店舗を含む、約100のテナントで構成される。芝生を敷きつめた屋上スペース「カワラパーク」なども兼ね備え、地域の人々が新しい刺激や安らぎを得られる施設を目指している。

高松の新名所と、近代化産業遺産にも指定されているレトロ電車も走る、懐かしい「ことでん」。この秋、高松の両面の魅力を探る旅に出掛けてみたい。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択