「鳥の演劇祭」にGEROや松井周ら参加、劇場グラウンドでのナイトイベントも

ニュース
2017.8.19
「鳥の演劇祭 10」チラシ

「鳥の演劇祭 10」チラシ


「鳥の演劇祭 10」が9月8日から24日まで鳥取・鳥の劇場ほか鹿野町内各所にて開催される。

開催10年という節目を迎える今回は、10本の上演プログラムがラインナップされている。9月8日のオープニングを飾るのは、鳥の劇場の新作「NIPPON・CHA!CHA!CHA!」。9月9・10日にはアメリカのバーン・アーツ・コレクティブによる「セシリーの冒険」、高瀬アキとアンサンブル・ゾネによる、生演奏とダンスの競演「即興戯曲 飛ぶ教室は 今」、そして余越保子ととりっとダンスの「サング・シカノ(鹿野の血)」が登場する。

9月16日にはじゆう劇場が「『ロミオとジュリエット』から生まれたもの-2017」を上演。同じく16日と17日にかけては、フィジカルシアターカンパニーGEROの「言いたいだけ」鳥取バージョン、サンプルの松井周が鳥取の高校生と創作する「春のめざめ」が披露される。

9月23・24日には、鹿野町のお年寄りに取材して作られた、セミドキュメンタリー的演劇作品「鹿野タイムスリップツアー『マサオの光る空』」、2014年にも同演劇祭に登場した“障がいを越えていく劇団”ビンビンファクトリーの「アザー・プレイズ:演劇とダンスの短編劇場」、フランスの現代サーカス、ピスタキ「コーペラツィア~道」を上演。このほかワークショップやトークショー、鳥の劇場のグラウンドにテント泊するナイトイベントも企画されている。

「鳥の演劇祭 10」

2017年9月8日(金)~24日(日)
鳥取県 鳥の劇場、ほか鹿野町内各所

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択