米原発・琵琶湖一周サイクリングで秋の絶景に出会う!


滋賀県では、9月から11月までの土・日・祝日限定で、米原駅を起点に、途中乗り捨ても可能な、琵琶湖一周サイクリングレジャー企画を開始した。

この企画は、米原駅前のサイクルステーションの、整備の検討の一環として行うもので、地域の名所を移動する間にその景色を楽しみ、お気に入りのスポットを発見しながら地域をより深く知るサイクルツーリズムの試み。昨今、地域おこしの手法のひとつとして注目されている。

琵琶湖一周サイクリングは、一周約200キロと、しまなみ海道や淡路島などより距離が長く、コース沿いには観光資源が豊富。関西ではサイクリングの登竜門としても知られている。

今回は、誰でも気軽に琵琶湖を体験できるよう、湖北や湖東の多数の所定場所で、乗り捨てを可能にし、気軽に参加できるようにした。

レンタサイクルの起点となる米原駅から湖北エリアは、自然や歴史・文化遺産の豊かな地域として有名。琵琶湖に生息する動植物を各所で観察できるほか、烏帽子岩、地蔵川、湖北みずどりステーション、西野水道、海津の石積みなどの名所が、自転車で30分から4時間半の距離に点在している。

乗り捨て可能がうれしい、サイクリングの新しい概念サイクルツーリズムで、秋の近江路の魅力をゆっくり味わおう。【関西ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択