スクリャービン没後100年 ピアノ・ソナタ全曲演奏会

ニュース
2015.9.24
アレクサンドル・スクリャービン

アレクサンドル・スクリャービン

ソナタ全曲で堪能する“鬼才作曲家”のピアニズム

 今年は、近代ロシアの鬼才作曲家、アレクサンドル・スクリャービンの没後100年。これを記念して、ベテランから俊英まで、第一線で活躍する10人の日本人ピアニストが一堂に会し、ピアノ・ソナタ全10曲を一気に披露する意欲的なステージが開かれる。

 当日はまず、西尾真実による第1番に始まり、志村泉が第2番「幻想ソナタ」、村上弦一郎が第3番を披露。1度目の休憩を挟んで、船橋泉乃の第4番、田中正也の第5番、太田由美子による第6番が続く。2度目の休憩を経て、矢澤一彦が第7番「白ミサ」、中野孝紀が第8番、岡田敦子が第9番「黒ミサ」、そして第10番を松山元が弾いて締め括る。リムスキー=コルサコフと親交を結んでいた青年期の1892年に発表した第1番に始まり、ニーチェの超人思想に心酔し、独自の「神秘和音」を編み出した第4番、そして、現代音楽の先駆者と目されるに至った1913年の第10番まで。鬼才スクリャービンの創作と精神の変遷を、一級の演奏で一度に堪能できる、貴重な機会となるだろう。

文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年9月号から)

公演情報
スクリャービン没後100年 ピアノ・ソナタ全曲演奏会​

■日時:10/4(日)16:30
会場:小金井 宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)
Program:
スクリャービン:ピアノ・ソナタ
第1番 ヘ短調 op.6(西尾真実)
第2番 嬰ト短調 op.19「幻想ソナタ」(志村泉)
第3番 嬰ヘ短調 op.23(村上弦一郎)
第4番 嬰ヘ長調 op.30(船橋泉乃)
第5番 op.53(田中正也)
第6番 op.62(太田由美子)
第7番 op.64「白ミサ」(矢澤一彦)
第8番 op.66(中野孝紀)
第9番 op.68「黒ミサ」(岡田敦子)
第10番 op.70(松山元)

問合せ:プロアルテムジケ03-3943-6677
公式サイト:http://www.proarte.co.jp

WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択