シルバーウィーク期間、埼玉に九州の旨いものが集結!


関越自動車道のPasar三芳では、催事場“アトリウム”において9月29日(火)まで、「九州旨いもの市」を開催している。このイベントは九州各地の旨いものを集めた物産市で、九州・博多を代表する明太子から熊本発信の豆乳マンゴープリンといった新しめのものまで、多種多様な商品が揃う。

注目は何といっても「辛子明太子」(1155円)だ。辛子明太子の本場である、福岡・博多に本社を置く株式会社源は、明太子の製造特許を持っており、良質な辛子明太子を生産している。なお同社からは、「生食たらこ」(1050円)や「白造り塩辛」(578円)なども出品される。

ほかにも、熊本県山江村で収穫された栗を、添加物等は一切使用せずにグラニュー糖のみで味付けした、やまえ堂の「渋皮煮[5粒]」(648円)や、鹿児島にある谷口海産の「ちりめん天日干し[100g]」(1080円)なども、一度は食べてほしいグルメだ。

シルバーウィークに九州までは行けない人でも、Pasar三芳で、九州のうまいものをゲットしよう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択